« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006.11.30

BP・マスキーゼニス

以前は大きいと感じていたが・・・

発砲素材 1oz

種類を分類する事が出来ない

それがオリジナリティーということ

ゼニスの類はそれに当る

私的感覚では、ソフトにアクションをつけたときに真価を発揮すると思っている

狭い範囲でターンしながら、各パーツが細かく振るえ小さな波紋を発する

大きさの割りにやさしい誘い方が可能である

最近トップウォーターに拘り始めた方は持っていないだろう

試す価値は十分にある いかがだろうか

フルサイズの特殊ルアーである

《追記》

ピンクは店頭販売分が無くなってしまいました

御予約いただいた方の分は取り置いてあります

御安心下さい

| | コメント (0)

QF・バッドパル

写真を載せていませんでした

入荷しています

| | コメント (0)

2006.11.29

価格破壊

昨日の休日は久々にゆっくりと過ごした

夕方に家族とスーパーマーケットに買物に行った

休みでも何かと釣り関連の活動が多く、買物に付き合うことも少ない私

どんな商品でも、以前と比べれば、購入価格は安くなっている認識はある

しかし・・・

実際の売り場に行ってみて本当にビックリした

安すぎる

例えば愛飲しているコカコーラ

コンビニや自販機では500㎖が150円が普通

その店では、2ℓのコカコーラが168円で販売されていた

いくら大量仕入れ・大量販売するとはいえ、何かおかしくないか

コンビニや自販機が高いと言うのでない

私は適正な必要経費と利益から算出される価格に納得して購入している

いくら目玉商品とはいえ、あの販売価格はおかしい

商品的には何も欠陥のないもののはず

安く購入出来ることに越した事は無いが、あまりにも安いのはいかがなものだろうか

いくら、正常な商品ですよと言われても私は何か不安を感じてしまう

それが今の物流ですと言われればそれまでだが、その販売価格で店舗を経営する事が至難の業であることは容易に想像が付く

そこまでして売らなければいけないのか? 他の提案は無いのか?

考えさせられる買物であった

同じ様なことが釣具流通の中でも起き始めていると聞く

購入していただく理由が価格だけであった場合、寂しい気がしてしまう

実勢価格は大切である 一般的な指標である

それを自ら崩したり、同調出来ないようなら、その様な店は今後の事を考えるべきだろう

どのみち長くは続かない

釣り具店は遊びの商品を販売している

高くても安くても遊びのためのものだ

あまり価格を気にしすぎていると、本来の釣りの楽しみを忘れてしまいそうな気がする

偉そうに聞こえてしまうかもしれないが、モノには適正な販売価格があるということを御理解いただければと思う

| | コメント (0)

2006.11.27

ブログ内を整理しました

昨日、暇な時間にブログ内を色々整理しました

取り扱いメーカー様のリンクを増やしたり、友人コーナーの順番を直したりなど・・・

自分が使いやすいようにしました

御意見御希望ございましたらお伝え下さい

取り入れられる部分は取り入れます

宜しくお願い致します

サンスイ渡部

| | コメント (1)

2006.11.26

最新釣果

ナカノパパ 横須賀らしい 70ちょい

タックルハウスのクルーズペンシル

カラーはパール赤腹

三浦はパールが強いです 今までの実績なので信頼出来る

三浦始まりました

| | コメント (0)

ヘドン・210サーフェイス復刻

07にヘドン・210サーフェイスが復刻すると聞いた

スミスの資料によると日本ではとても短命なルアーだったらしい

古いヘドンに興味の無い私は詳しくは知らない

道楽のシャンプーハットを多用していたので、襟巻きの効果は知っている

草系のカバーでは想像以上にに強い ブッシュには弱い

フロッグをキャストしたくない釣り人は多い

プラグで何とかしたいと思うようだ

私は古いヘドンを高額で買うほど欲しくは無い

個々の考え方の相違なので、古いヘドンを否定するつもりは無いので誤解の無いように

そんな私だが、適正価格で買えるならまた使ってみようかなとも思う

皆さんはいかがだろうか?

スミス、オフト、魚屋の3社からそれぞれのカラーが発売されると聞いた

バリエーションを楽しむのもひとつの方法だろう

間違った情報だったらスイマセン

残すはマグナムタイガーだけか・・・

| | コメント (0)

最新釣果・武田理論

アベシゲル 連日キャッチ 地元湘南

サイズはベイビーだが武田理論にのっとり普通のスズキ釣りに目覚める

次の大潮は湘南爆発の予感

アベ調査委員長に地元調査を依頼した

| | コメント (0)

2006.11.25

アカシブランド・クイックイック

先日、明石ミッチーとアメリカに行った時・・・

何せ、クイックイックとペンシルポッパーのプロトが釣れた

細身がいいのか・・・

ペンシル的な動きの切り替えしがいいのか・・・

とにかく釣れた

ミッチーに「次は何時リリース?」と聞いたところ、「少しありますよ、要ります?」との返答

プレゼント用で作っていたようだ

売っていいものならと言う事で仕入れた

カラーはブラウンフロッグのオレンジベリーにホワイトヘッドとソリッドブラウンにホワイトヘッド

どちらもミッチーらしいカラーリング

リリースされてから時間も経っている

市場在庫もないだろう

気になる方は問い合わせ下さい

| | コメント (0)

レコード・テンコー

先程入荷

もう1個しかない

スイマセン

取り置き無し、通販無しでお願いします 完売いたしました

| | コメント (0)

2006.11.24

各誌入荷済み

各誌入荷済み

今回のトップ堂連載根掘り葉掘りは道楽のスウィートスティック

松本さんとの対談はとても内容の濃いもので、削るのが勿体無かったくらい

名竿スウィートスティックの本質に触れてみて欲しい

その他にも、単発記事を書かせていただいた

10月にモーターガイドツアーに参加した時の話

これからエレキがどうあるべきなのかを、本社開発担当者と話せたのでその辺りを重点的に書いてみた

参考にしていただきたい

R&R誌ではトップ屋新聞の中でお手ごろウッドルアーをピックアップしている

是非チェック願いたい

| | コメント (0)

2006.11.23

最新釣果

ズイール・テルさん 千葉ウェーディング サムズシャッドシャロー

シーバスの展開も考えているズイール

本来であれば一緒に行く予定だったが、私は体調不良で断念

5人で20本くらい釣れたとの事

私はこの写真が一番気に入っている

サムズシャッドのホログラムカラーが光っている

次の大潮には同行するつもり 渡部釣果にも期待していただきたい

| | コメント (0)

道楽・シャンプーハットダディー

| | コメント (0)

ヒヨコ・フラッゴー

今となっては大きくない

ウッド製 5/8oz

発表されたのはもう随分と昔のこと

当時は、ピンスポットでテーブルターンできるWプロップが少なかった

腹部のシェイプとヘッドのカットに拘った

今となっては、当たり前の事だが気付いている釣り人は少なかった

そして、山科一人の生産量では数の限界があった

時は過ぎ、久々に見てみると手の込んだルアーである事が良く分かる

試してみる価値は十分にある

フラッゴーは決して大きくない ハーフサイズの範疇と言える

| | コメント (0)

これは怖い・・・

アベシゲル エイの写真も頂いた

ウェーディングにはツキモノ

スレでかかりやすい 気をつけよう

| | コメント (0)

最新釣果

アベシゲル 湘南 久々の普通の釣りでいい魚が捕れた

コメントも頂いている

「武田ミラクルナイトの経験を生かせました タケダ理論炸裂! 78、76、そして、エイ」

湘南もこれから本格的にシーズンイン 

三浦も始まりそうな予感・・・

最近、トップの釣果が乏しいが、これが現実

様々な魚種を楽しむのも渡部流 ひとつの楽しみ方と言える

| | コメント (0)

2006.11.22

武田ナイト結果報告

武田から写真が届いた ものすごい環境での強行開催であった事がわかる

タケダサカエ タックルハウス・K-TEN115

真の定番が木更津初ウェーディングでキャッチ やはりプロである

しかし・・・ 厳しい顔をしている

町田サンスイスタッフ平田 アムズ・トリップ

ウェーディング初フッシュ 装備が怪しい

クロイワさん ロデオクラフト・バンズ 

今回の最大魚70㎝ 気合の入り方が違う

先輩 初釣りでウェーディングに連れて行ってしました

本来であれば、初心者には厳しい事は分かっていた

先輩の熱い気持ちにより初挑戦 

久々にリールの持ち方やキャストを教えた

信じて釣り続けたかいあって見事にキャッチ おめでとうございます

またお誘いします

ヒヨコサロンを聞いて参加してくれたリトルドリラーさん

アベレージではあるが2匹キャッチ 

タックルハウスのクルーズペンシルを信じてキャストし続けた結果がでた

信じるものは救われる

《総評》

天候は荒天といえる環境 本来であれば中止の状況

リールやロッドを購入してまで行きたい釣り人の気持ちは抑えられない

結果としては、事故も無く、無事に釣りが出来た

初心者の釣果もあり満足ではないだろうか

これぞミラクル武田ナイトである

次は何に行く?タケチャン!

| | コメント (0)

2006.11.20

店舗詳細地図を載せました

新規来店のお客様が多く、店舗所在地をお問い合わせいただくので、当店が入っているマンションビル・サウスフロントタワー町田のHPをトップウォーターメーカーの中に追加しました

詳細はHP内のアクセスをクリックしてください

当店御利用のお客様には提携地下駐車場のサービスが可能です

税込2100円お買上げいただきますと、1時間分のサービス券を発行致します

ポイントカードとの併用は出来ません

詳細に関しましては、スタッフが御説明させていただきますので、お気軽にお問い合わせ下さい

町田サンスイ店長 渡部

| | コメント (0)

QF・オリジナルヴィーLPC

Wプロップの開拓は本当に止まらない

ウッド製 3/4oz

ボディー頭部のズレに金属板(ダイアナプレート)を装着

ロングプロップが回転する度に接触音を発する仕組み

クリック音とは違う音を発している

定評のあったオリジナルヴィーの進化版として捉えられる

ダイアナブレードのより、強めのロッド操作で少し水中に入るようだ

私が今後必ず必要になるであろうと考えている機能?のひとつ

来期の実績に注目したい

下から見るとこんな感じ

QFのヴィーシリーズはスタンダードサイズが多い

| | コメント (0)

発売告知

12月のバイトンの続き1月はズイール王道のテラー3/8oz

初回に発売されたカラーを復刻

Lリグ、ハンノキ、45度ズラシとかなりの完成度

予約可能 お問い合わせ下さい

| | コメント (0)

武田ナイト

武田ナイト

写真が届き次第アップする

厳しいコンディションの中、70CMまで釣れた

参加者の皆さんお疲れ様でした

次回は何を釣ろうかな

| | コメント (4)

2006.11.18

ガウラクラフト・シェイクヒップ

私はどうしてもこのルアーのシェイプが気になってしまう

バルサ製 3/4OZ

私は誰よりもバルサ50(ばるさごじゅう)が好きだったテツ西山さんの本「ヒットバスルアー」に載っていた50のオリジナルでイエローコーチが頭から離れる事は高校まで無かった

・・・・明日にします

・・・・眠いです

ブッピーが買える

マンボーデザインナーのヤギサンがデザインするとバルサではこんな形になるのだ

キャンセルが出たため・・・

明日は何しようかな・・・

続きは明日・・・・・

| | コメント (0)

ズイール・チマチマプロップGE

柏木さんいわく「ポッパーの王様」であるプロップの新定番サイズがこれ

ウッド製 5/16OZ

これが2回目のリリースとなる

前回は「HOW TO ○○」映像シリーズ直後だったため強烈な人気があった

実際、私も希望のカラーは買えなかった

ポッパーの機能「魚が興味を示すポップ音を発する」という意味で、プロップに並ぶポッパーは少ない

私はプロップでポッパーの釣りを覚えたので、特にプロップには思い入れがある

3/8OZがオリジナル

ベイトタックルで使えるギリギリのサイズの要望は多かったのだろう

満を持してリリースされたチマGEサイズは一気に定番サイズとなった

今回のモデルはテールフックにバックテールが付いている

夏季に特に有効な使い方「ポップ&ポーズ」をする時にとても重要なポイントとなる

活性の低いバスに何とか口を使わせるために先人が考え付いた工夫

私の想像以上に入荷&売却で、今はこれだけしかない

またフォローしておくので店頭で確認していただきたい

ハーフサイズより小型のこのサイズは反則サイズと言われてしまうかもしれない

だけど私は現場で釣れるルアーに優越は無いと思っている

実際の釣り場では、釣った者の勝ちである

これ、釣りの基本です

| | コメント (0)

2006.11.17

予約開始

QF・バッドパルがリニューアル

金属リップと金属ブレードに変更

前作より更にバドに近付いているのか・・・

2タイプあると認識したほうがいいかもしれない

価格も抑えてある 財布にやさしい

| | コメント (0)

2006.11.16

今年もやります!コ式でGO!

今年も皆様の御要望にお応えして町田サンスイ主催リニューアル記念イベントとして、12月17日(日曜日)にコ式でGO!を開催する事にしました

朝、町田サンスイに集合し開会式の掛け声の後、思うポイントに散ります

都市型3面護岸の河川に繰り出し、コ式とヤマザキ・超芳醇を使いコイを釣りまくります

様々な注意点はありますが、冬のテンションの下がる年末に大いに盛り上がれます!

随時告知していきます

まずは、日程を空けてください

昼に町田サンスイに集合し、各自昼食をとってもらいます

結果発表は14時前後を予定中

それまでの間、店で買物もあり、ゲスト陣と談笑ありの何でも来い状態

その時に製作可能なブランドからは、年末スペシャルルアーを発売する予定

何処まで作れるかは今のところ不明

詳細が分かり次第お伝えします

そこで・・・ 告知

スカジット安達からこんなルアーが届いた

今年ブレイクした羽ヤーガラに私好みの魚カラーが塗られている

オイカワのオスとメス

何個作れるかはわからないが、空いている時間に作りますと言っていた

両方捨てがたい・・・ 悩める・・・

メスは想像していなかったが、実物はかなりの出来栄え

ベースのメッキが効いているのかな

| | コメント (0)

道楽・エヴィス丸110

今ならエヴィス丸現物が見れる

今回の発売に際し、2艇注文を受けた

お客様が持って帰るまでは店頭で実物を確認できる

船首が広く、居住性が高い

そして質感がとてもいい それ以外は実物を見ていただくしかない

分かりにくいがセミVハルになっている

手間はかかるが丁寧な仕事が使い心地を向上させている

決して安価ではないが、現時点での究極のジョンボートといえるだろう

各色もう少しずつ在庫があるようだ 問い合わせて欲しい

18日(土曜日)タレックス偏光レンズサングラス受注会開催!!

| | コメント (0)

最新釣果

ヤマネさん 千葉 野池 45くらい 興奮してサイズ計リ忘れたとのこと

ヒヨコ・ドリラータイフーンで初キャッチ

シーズン終盤に活性を上げてくれる良い写真です

また写真送ってください!!

| | コメント (0)

2006.11.15

予約開始

久々にグリングリンが登場

今回より、浮力の高いアユーズに素材変更

自重軽量化、キビキビとしたアクション、キックバックもより軽快に演出可能

テールを細めにすることで着水音も小さくなる

今回よりオリジナルの2ピースリグが標準装備となる

これで全てアカシオリジナルとなる

12月上旬発売予定 時間があまり無い 

| | コメント (0)

写真は有りませんが・・・

バスポンド ドカジャンM、L、LLが入荷

サイズ選べます

お知らせとしては、林君のブランド・スローテーパーを取り扱う事になりました

今後は当店でも購入できますので御利用下さい

彼のHPもリニューアルしている

ブログ形式になり更新もスムーズになったとのこと

要チェック

写真が復活したら色々掲載します

18日(土曜日)タレックス偏光レンズ受注会開催

| | コメント (0)

2006.11.13

予約開始

今月も魅力ある商品が目白押し 最近勢いある

シャンプーハットダディーは久々

左からGUSA、FST、銀杏

GUSAはナチュレベース、銀杏は今までにない研ぎ出し仕様

出来る限りの入荷数確保努力は致しますが、御予約いただいてもお買上げいただけない場合がございます 予め御了承下さい

エログリップ ホワイトペイント シングルコルク 

遂にペイントモデルがリリース

エログリップ オールドブラウンペイント コルクガン

コチラもペイント 渋い

エログリップ シルバー スケルトン

待ってましたのクリアーグリップ 

松本さんに聞いた所、つるつるの素材らしい 質感が楽しみだ

| | コメント (0)

タレックス偏光レンズ受注会開催

今週末、11月18日(土曜日)に当店店頭にて、タレックス偏光レンズ受注会を開催する

トップ堂最新号の連載記事で紹介させていただいた宅配のめがねやさん・重宗さんによる受注会

度付きでお困りの方、顔の形に合わなくていまいちすっきりとしない方、気に入ったフレームはあるがレンズカラーが・・・という方、タレックスプラスティックレンズを体感してみたいと言う方などなど何でも御相談いただきたい

勿論、トップウォーターに向いていると言われるイーズグリーンのサンプルも用意します

時間は11時から19時まで

興味がある方は是非御来店下さい

地下駐車場もあるので、初めての御来店でも安心

店舗までの道案内させていただくので、お気軽にお電話で問い合せい下さい

| | コメント (2)

2006.11.12

殺気 その3

久々に殺気の話

ラインの張り方で殺気が伝わってしまうのではないか・・・

殺気が出ないように自然体で釣りをしよう!と言う所までいったと覚えている

今回はその先の話

ロッドを弾いてルアーに動きを付ける時、ラインテンションに変化がある

緩くなりピンと張る・・・ 緩くなりピンと張る・・・

人に聞こえるかどうかは別として、ラインは水を切り、音を発する

ラインと水の接点からは飛沫が飛ぶ

魚からすれば、違和感を感じているはず

ありえない違和感を感じてルアーに気分よく食らいつくとは思えない

なるべく、違和感を感じさせたくないと思うのは普通の人間の考え方

今思い出せば、ハトリさんの動かし方はロッドを上に弾いていた事が多い

意識しているかどうかは分からないが、トップウォーター創世記からの釣り人がなるべくラインテンションがかから無いようにしていると見える

ロッドを上に立てて動かすとロッドティップからラインがたれている

緩くなっても張ってもテンションはかかりにくい

魚がかかってしまった時にはフッキング時の不利は理解しやすい

でも違和感を感じずに反応が良くなるのなら、テンションは低い方がいい

棒引きしている時はもっとテンションがかかっているのだが、ラインテンションの変化は少ない

テンションがかかっていても釣れるのはなぜか

分からない でも・・・ひとつ気付いたことがある

基本ラインテンションが緩いときにロッド操作をしてテンションに変化を与えても魚は食いやすい

基本ラインテンションが高い時にロッド操作をしてテンション変化を与えたら魚は食いにくい

バスという魚が口を使うラインテンションの範囲を超えているから喰うとしても動きの合間合間のポーズ時位

そして棒引き時は比較的何時でも食いつける状況になっている

・・・・・・・・・・・・・・ ・・ ・ !!! 分かった気がする

考えをまとめると、ラインテンションの変化は少ないほどバスは反応しやすい魚なのかもしれない

棒引きルアーの場合変化は殆ど無い

これであたっているのかは分からない

眠くなってきました・・・

次は、ナイロンとPEの差を私ならではの見解で解説したい

| | コメント (1)

2006.11.11

最新釣果

ミッチャン 旧吉野川 50弱?

グリンの新バージョン?

こっちも旧吉野川 新グリンはいいみたい

何時出るの?

| | コメント (0)

2006.11.10

予約開始

久々のフラッゴー 廃盤じゃなかったんだ 以前から問い合わせはあった

私の好みはオイカワと黄色 いいじゃないですか

| | コメント (1)

武田ナイト開催決定

このオニーサンは変わり者 あんなに喋れる人は少ない

思わず笑ってしまうのだ

武田栄

毎月仕事で東京に来ている

いつも、ついでに一緒に釣りをしている

メインはソルトウォータールアー釣り

武田はメバルのフロートリグで一気に認知度があがったが、他の釣りをさせても超一流

そんな武田と一緒に釣りに行こうと言うのが武田ナイト

11月19日(日曜日)の夜、閉店後に開催する

場所はその時に最適な場所にする

詳細は担当渡部まで問い合わせいただきたい

ルアーに「ぐるぐるどーん」って書いてある 意味が分からない

| | コメント (2)

2006.11.09

最新釣果

シシドさん 千葉ウェーディング 75cm

アムズ・コモモ 定番ですね やっと始まりました

次は私も行きますよ!

| | コメント (0)

リール論文

昨年スポーツ&フィッシングニュースの企画で「リール論文」投稿なるものがあった。私は興味をおぼえ、小売店の立場から書いてみた。約1年経った今読み返してみても、悪い物ではなかったので改めて自分のブログに載せてみようと思った。考え方のひとつとして参考にしてもらえれば幸いである。

題名「リールの買い方」
「買うリールを決めていたのに違う機種あるいは違うサイズのリールを買ってしまった」という経験はないだろうか?人は実はとても曖昧な理由で購入決定していることが多いことをメーカーもお客様も認識していない。購入周辺事実を正確に把握し、今後の開発、購入に役立てればと考え、販売側だからこそ分かっている話をしてみたい。
1 価格
お金がなければモノは買えない。購入決定の最大の要素は価格である。これは間違いない事実。人には使える金額の範囲がある。その中で選んでいるものは、釣りに必要な実用品として使用する。それが普通。しかし、それだけではつまらないのも事実。人には憧れという感情がある。限界を超えた所に魅力を感じるのではないだろうか。いつでも買えるものには、必要以上の感情移入はしない。身を滅ぼさない程度に無理をして購入することで、無機質な工業製品に愛着がわき、大切に使うのではないだろうか。
2 性能
実にとらえどころのない数字化された性能という基準。単位は見慣れているものが多く、比較し易い。しかし、本当に数値の意味を理解しているかどうかは疑問である。私のような職業であれば、細かい数値を覚え接客に役立つこともあるが、一般的には必要ない。何に決定要因を求めるかで比較すべき性能は違う。何が自分に必要なのかを理解していなければ、比較は無意味である。同価格帯リールの性能の微差を感じとれる人は多くない。一番大切な使い心地は数値化出来ないのだからで、比べようもないのだ。
3 デザイン
見た目である。例えば丸かロープロか。握り易さは、実際に握ってみてないと分からない。「握りやすそう」と思わせるデザインが重要である。色も同様。例えばコンクエとDC。性能に差があるのに、決定要因が色である時がとても多い。これらからもお分かりのように、デザインで購入決定していることがとても多い。趣味で使うなら、気に入ったデザインのものを使いたい。妥協したものに愛着は湧かない。人間そんなものだろう。
さて、ここからが本題。人は曖昧な理由でリール購入決定していることは理解してもらえたと思う。ならば、売る側とすれば何か明確な要因を提案出来ているリールがあれば、特定の機種に販売が集中するのではないだろうかと考えてしまう。私が考える何かとは「リールを買い、使うことでイメージできるストーリー」である。例えば、車。売れている車種は「乗ってみたい」と興味を持つようなストーリーを提案している。性能の詳細はアピールはほとんどされていない。他にも人気が集中する商品の殆どがこの様な手法でお客様に認知してもらっていると聞く。リールに絞って考えてみると、性能アピールの提案に終始しているのが現実。だからこそ、ストーリーを提案できれば、とても注目され話題になる。そこで実際の商品にイメージ以上の商品力があればOKなのである。夏のイベントで道楽の松本さんとお会いしたとき「細かいことはええねん。格好いいと感じてもらえればええねん。」とお話させてもらった。製造技術に差がない現在、他社との差別化にはオリジナリティやスタイルの提案が必要と言っている様に感じた。正にその通りなのではないだろうか。メーカーは魅力ある商品とストーリーの提案、お客様は判断する目の育成が必要なのである。そして、私達売り子は、メーカーやお客様の単なる「用聞き」ではなく、プラスアルファの提案が出来るような存在でなければならない。「あの人から買いたい」と思ってもらえる様な素敵な売り子でなければ、生き残れないのである。この様な買い方をしたリールに魂が宿らないわけがない。買い方にもこだわる時代になったといえるのではないだろうか。

格好付けすぎな気がしないでもない

| | コメント (1)

2006.11.08

予約受付中

BP11月末発売ルアーはマスキーゼニス

昨日バスポンドに立ち寄った時にカラーサンプルを見た

以前のものと比べると格段に塗装技術の進化を感じた

私は懐かしいが、以外に所有していない人が多いようだ

気になるカラーは予約して抑えて欲しい

| | コメント (0)

後述まとめ

昨日の釣りは完敗だった

松井さん、私とも全くのノーバイト

目的はキールヘッド・ポッパータイプの初テストなので結果が欲しかった

絶え間なく吹き続ける強風に負けた

操船してくれた松井さんはキャストもままならない状況

松井さんデザインのフルサイズポッパーはテーブルターン重視

ノーマルのキールヘッドの動きと差別化する意味で方向性が決まったと言える

私の担当するハーフサイズタイフーンは純然たるポッパーというよりかはペンシルポッパーに近い

あのスケート幅が出ていれば問題は無いだろう

後はサイズ、シェイプ、ウェイトバランスの微調整でデザインは決まる

バスポンドルアーとしてリリースするので、最終的には松井デザインの修正が入る予定

期待して欲しい

さっきマグナムケイズの秋山君に聞いたところ、急な冷え込みで魚の反応が悪くなっているエリアがあるようだ

昨日のポイントがそうであったら残念である

流れのある水域は水温変化の影響を受けにくいので、まだ変わらず釣れているとの事

未だ諦めていない

12月までは今まで通りに行く予定

釣果情報が少なくなっている中、ピンポイントでの爆発があるので、もうしばらく諦めずに釣りに行こう

| | コメント (0)

2006.11.07

ライブ終了

ライブ終了

本日完敗。風に負けた。

| | コメント (0)

ライブ4

ライブ4

駄目ですね…

| | コメント (0)

ライブ3

ライブ3

これをテスト中

| | コメント (0)

ライブ2

ライブ2

強風。厳しい。

| | コメント (0)

ライブスタート

ライブスタート

| | コメント (0)

2006.11.06

明日は久々にライブします!

明日はBP松井さんと釣りに行く

少し前に掲載したがキールヘッド機能を持ったポッパーの原型が完成したので、テストに行こうという算段だ

釣り場は今の段階で未だ決めていない

すり抜け具合をチェックしたいのでアシ、ガマが多いエリアにしようと思っている

私はタイフーンサイズをデザインした

松井さんはBPサイズをイメージしている

さてさて、どんな釣りになるのやら・・・

水温は思っているほど下がっていない

今から電話して場所を決めるとしよう

| | コメント (0)

スクープ

ハネクラから新たなルアーがリリースされる

一つ目はポップファット 定番的ポッパーが少ない中安井の挑戦ルアーである

適度な大きさ、重さである

フルサイズタックルで使いごろ 

もうひとつはバレルⅠ

ウィードレスルアーである 来期の霞水系を意識したデザイン

Ⅰは1フック使用という意味

フックの取り付け方に工夫が凝らしてある

共に予約開始

ハネクラHPで詳細が見れる

| | コメント (0)

2006.11.05

ヒヨコ・ドリラータイフーン各色入荷

今年の№1ヒットは間違いなくこのルアーであろう

ドリラータイフーンは様々な釣り人の手助けとなった

今までよりも釣れる様になった・・・

魚が何処で釣れるのかが分かった・・・

トップウォーターで初めて釣れた・・・

新色と地方カラーを含め7色在庫がある

前回までのカラーは今回の入荷で最後

早めの購入をお勧めする

ヒヨコ山科には更なる要望を伝えてある

タイフーンというコンセプトが今後何処まで広がるのか見守って欲しい

| | コメント (0)

2006.11.04

最新釣果ならず

アベ氏 ボラを489Dにて調査中

奥が深いとのこと 私も参戦しよう

| | コメント (0)

2006.11.03

ガウラクラフト・アンディー予約についてお知らせします

相変わらず人気のガウラクラフト・アンディーですが只今をもって予約受付を終了します

予想以上の御予約頂き有難うございました

予約開始から伝えて有りましたが、ガウラクラフトとして最大限に生産していますが、その量には限界があります

ガウラクラフトには最大限の納品をお願いしてありますが、取扱店は当店だけではありません

わがままは言えません

青芳さんと相談したところ、既に納品予定数をオーバーしている事が分かりましたので、予約受付を終了する事にしました

既に御予約いただいているお客様におかれましても、納品状況によってはお買上げいただけない場合があることを御了承下さい

納品され次第、購入可能不可能のご連絡を差し上げます

納品まで今しばらくお待ち下さい

他の取扱店さまでも予約を受けてくれる店舗があるはずです

問い合わせてみてください

宜しくお願い致します

町田サンスイ 渡部

| | コメント (0)

最新釣果

カイくん コ式 12.5LB

年末コ式でゴーに向けてプラクティス

お父さんのアベシゲル氏はヒヨコサロンのメール職人

新しい親子関係のひとつと思う

| | コメント (0)

ズイール 25周年ルアー

アンカニー5/8のメッキBKH

アライくんのRH祝・すけきよ、BチマサーブのRH祝・すけきよ

変わり目もある 要確認

| | コメント (0)

2006.11.02

明日から3連休 何処に行く

今日あたりは、朝夕かなり寒く感じた

釣りもトップに限るなら、厳しくなる季節

しかし、水温はそんなに下がっていない

人が少なくなる今から最後の追い込みを掛けたい

この3連休でキュウヨシまで行く若者もいる

5日にはハネクラ・BPでカスミオカッパリ大会もやるようだ

行ける時に行っておかないと、魚は釣れない

自分で行ってみる事が一番大切

普通の休みの人なら何か釣りに行ってみよう

週明けの釣果報告が楽しみだ

渡部的ズバリの釣り場予想は千葉Kダム、印旛水系と茨城の水路系

最近各地の野池情報少ない 行っている人も少ない 狙い目ではある

さて、何処に行く

| | コメント (0)

最新釣果

少し遅れましたが・・・

ジョイプラ大滝 千葉 ダム カヤック 

話題のジージーで釣り上げた 次回は12月生産予定

スガワラさん 同じ場所 40強

以前少量だけ生産したジャグミーでキャッチ

来期復活予定

リュウヤ 同じ場所 こちらもジャグミー

いいサイズ 変な顔 帽子はまっすぐ被るように

| | コメント (0)

2006.11.01

予約開始

11月のガウラはアンディーとシェイクヒップ

共に人気のルアー 早めの予約をお勧めします

なるべくお買上げいただけるよう手配しますが、入荷数によっては予約いただいてもお買上げいただけない場合がございます

御了承下さい

| | コメント (0)

BP・ウッドフッカー

説明不要の定番 ウッド製 1oz

フッカーシリーズの中最も細身、低浮力

使い分けていただきたい

同時にS3ロッドのブラウン、グリーン 

そしてBPグリップのストレート・コルクも入荷

| | コメント (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »