« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007.01.31

アカシスタイル

フィッシュマンから2枚組みで、アカシの新しい映像がリリースされる

「アカシスタイル」と命名されたこの映像は京都のアカシのホームリバーで撮影された

告知のポスターを見ると期待してしまう

2月15日発売 税込4725円

詳細はコチラ

http://homepage2.nifty.com/akashi/fishmandvd.html

予約可能 通販可能

| | コメント (0)

2007.01.29

ディライゴの新色が発表された

新色はベージュ

淡水では人気の色

グリーンと合わせて3月末入荷予定

| | コメント (0)

訂正です

先日、紹介したトップ堂最新号の内容に間違いがありました

フィリピンの記事を書いているのは、店員Aさんです

失礼致しました

以後、気をつけます

町田サンスイ 渡部

| | コメント (0)

発売告知

フロッグから新製品の発売告知

今年もかき回してくれそうな予感

予約可能 通販可能

machida-sansui@fork.ocn.ne.jp

| | コメント (0)

2007.01.28

形になってきましたぞ・・・

昨秋、松井さんと同じ日に釣りに行き、なぜか同時期に欲しいと思ったのがキールヘッドシステムのポッパー

コチラは3/4ozクラスのフルサイズ

ウッド製の松井監修モデル

2フックシステムでセンターウェイトとのこと

口は小さめでターンの邪魔にならない範囲で、チョプチョプと音がする

そして・・・

コチラは渡部監修のタイフーンサイズ

発砲素材で予定中

さすが高井さん BPルアーらしくなっている やはりプロはスゴイ

自分で削った原型は顔がどうしてもキールヘッドにならなかった

この原型は正にBPルアーの顔をしている

私はキッカケに過ぎない

実際は松井さんと高井さんの共同開発となっている

これから実際に発砲素材でウェイト調整に入る様

サンプルが出来たら一緒にテストに行く予定

GWまでにはリリーしたいと松井さんが言っていた

期待が膨らむ・・・

渡部希望カラーは採用してくれるかな・・・

交渉してみよう

展開をお楽しみに

| | コメント (0)

QF・ピコピロパル

遅ればせながら、話題のルアーが入荷した

ウッド製 5/8oz

久保田さんのフィッシングインストラクションにはこの様に書いてある

小さな水先案内人・・・ピコピロパル。特徴的な大きな目玉は可愛いだけでなく、水中に睨みを効かしバスを威嚇する効果もある。小粒のボディなのにウエイトは5/8オンスあるので、大きなプロップを背負っているにもかかわらず、キャスタビィリティがよい。アクションのイメージは虫。ノイジーとは一味違った演出が可能である。ステディアクションで水面に落ちた昆虫が羽を震わし、羽ばたかせる感じが出せると良いだろう。ストレートリトリーヴもよい。僅かに金属音を伴ったスローリトリーブがお勧めだが、速度を早めてもボディが回転することはない。また、ラインスラックをうまくコントロールすればテーブルターンも可能。ショートジャークでピンスポットアピールも、もちろんOK。ショートレングスボディを活かして食性に訴えつつ、ファニーな容姿で釣れた時の満足感も得られるプラグに仕上がった。使用するタックルは特に選ばない。

この解説だけで十分であろう

既存の感覚で考えると、ボディとパーツのバランスは取れていないように見えるが・・・

そこは久保田流

間違いないルアーであろう ハイシーズンでの釣果は約束されているに違いない

新バランスを綺麗に表現できているこのWプロップは正にハーフサイズ

税込3360円 通販可能

ロングプロップもパーツで入荷

税込525円 通販可能

machida-sansui@fork.ocn.ne.jp

| | コメント (0)

2007.01.27

リリースペースが早いこと・・・

ロベルソンは止まりません 加速中です

サンプルを見たが、あの品質で税込1890円なら文句なし

ボートに置いておいてガリガリになっていませんか?

少しだけ気を使うだけでかなり違う

2月10日発売予定のチャコールマスターと同時リリース

http://robelson.at.webry.info/200701/article_6.html

定番品にするので、予約は不要

| | コメント (0)

53UP冬の陣

2月18日(日曜日)に、新利根川にてゴミピックアップが開催される

参加費を払って、ゴミを拾うのは普通の感覚では理解できないだろう

心ある釣り人が集まり、自分たちの釣り場を綺麗にする

釣り場を守ろうと言う気持ちが快い

仕切りのひさし君とタカさん頑張ってください

詳しくはこちら

http://www003.upp.so-net.ne.jp/dowluck/53up/kokuchi/070124.htm

| | コメント (0)

2007.01.26

最新釣果

お付き合いは古いが初投稿 アリガトウゴザイマス

サクマさん 千葉・野池 40㎝ デカダンストーイ

この魚以外にも1バイトあったそうな

今後の彼の釣果に期待したい

| | コメント (0)

最新釣果

またも釣れたようです

ガウラ青芳 千葉・ダム ケムコガネ 47㎝

必要以上に煽ってもしょうがないのですが、釣れてしまうものはしょうがない

3月に次回生産しますと言っていました

今回手に入れられなかった方はその時に購入してください

本当にすごいわ・・・ 青芳さんはネット使っているのでしょうか?

今度聞いてみます

| | コメント (0)

2007.01.25

トップ堂 寒風萎縮号

今回も盛りだくさん

「気になるアイツのタックル」は各自個性が出ていて面白い

マツモトさんの「釣りを語ろう!」のお相手はQF久保田さん

とても面白い 興味深い内容だった 何時か出演したい記事である

「ロッド職人への道」も充実してきた 参考になる方が多いのではないだろうか

「根堀り葉堀り」はズイール・テルさんと色について話してみた 

奥が深過ぎて、カットするのが惜しい内容が多かった 是非チェックしていただきたい

最後のカラー特集は憧れの地「フィリピン」への紀行記をエバトさんが書いている

今年、絶対に行きたいところ 誰か一緒に行きませんか?

その他も読むところが多い 是非1冊購入しよう

その購入が明日のトップ堂編集に貢献するのだ

| | コメント (0)

ばらしたくない・・・

昨年とても印象的だったばらしのの瞬間 松井さんに撮ってもらった

残念で仕方が無い

ほぼバイトの無い中、やっと出した魚なのにばらしてしまった

フロートやカッヤクと違い、ボートの場合自分たちの方が重いので自由度が少ない

特にカメラを構えられると、取り込む時にばらす癖が付いてしまった(と思い込んでいる)

そうなると、何だか怖くて仕方が無い

何か確実に取り込む方法を取り入れたい

魚を大切に扱いたいと思う気持ちは私にもある

エリアトラウトと同じレベルで扱う事が必要だろうか・・・

その辺りの考え方は人それぞれということにして、私はボート釣りにランディングネットを使うことにした

サンスイには様々なタイプのネットがある

自分で持っているネットと店にあるネットを使い比べてみた

ネットの部分は大きいほうが良い

50クラスを普通に狙っているので、入れるのに苦労するような大きさでは意味が無い

写真のネットは、大型トラウトやサーモン対応のもの

柄の長さは短い方が良い

取り込み自体は釣りの時間の中でほんの一瞬

そのとき以外は邪魔にならない方が良い

サクラマスに使うようなタイプと思っていただければ分かりやすいかも

ネットの種類も沢山ある 簡単に説明しよう

上から

リリースネット 魚を傷めない メが細かすぎてフックが絡む 軽い

ラバーネット 魚を傷めない フックは絡まない 重すぎる

タングルフリーネット 上の二つに比べるとごわごわしているが、コーティングしてあるので手編みより魚のヌルが取れない フックは絡まない 重くない

手編み 最も軽い 格好良い でもフックは絡みやすい

ざっとこんな感じだが、トータルの性能を考えると・・・

大きめのネット、短い柄、タングルフリーネットとなる 

実際の製品はスミスで取り扱っているフラビルネット・3628が最も適している

わざわざ、バス用にネットを開発するところは無いだろう

もしこれから購入を考えている方がいらっしゃれば参考にしていただきたい

ちなみに先程のネットは税込5880円 

決して高くはないと思う

記憶に残るバスを手にしたい私はこれからもネットを使うだろう

| | コメント (4)

発売告知

2月中旬にリリース予定のアカシルアー

左から

シンプ 1oz GSS 税込5250円

HT3000 1oz SMBR BY 税込5880円

ヘッドポップ 3/4oz GCS ORG 税込5250円

どのルアーも定番 使い勝手が良い DVD見た方は今が買い

予約可能 通販可能

machida-sansui@fork.ocn.ne.jp

| | コメント (0)

2007.01.24

ヒヨコが最近とても活発に・・・

自分のHPで書いている

今まで、開発経緯などはあまり開示される事は無かった

まあ、全てではないにしても、言って良い範囲で話が聞ける事は我々にとって嬉しいことだろう

彼のHpの中にクリックナウをみて欲しい

バルサの事、パーツの事、ペンシルの事・・・

自分のことにはなってしまうが、興味深いことがたくさん書かれている

一度覗いてはいかがだろうか

http://www.hiyoko.org/blog/blogclick/

| | コメント (0)

道楽・サヨリスト

文句なしに男前なルアー

ウッド製 ?oz

「首振りなんて関係ない!ジャークして使え!」

藤原氏の声が聞こえてきそうである

長さの割りに細い

この手のルアーは結構普通に食ってくる

問題は・・・ キャストできるタックルがあるかどうか

マークⅠ位のパワーがあれば大丈夫

白ワーム、ピンクショアー(原田入魂作)・・・税込12600円

絣・・・税込13650円

通販可能

machida-sansui@fork.ocn.ne.jp

| | コメント (0)

2007.01.22

ロベルソン・チャコールマスター発売告知

何かと話題のロベルソン

アンバースポットに続く第2弾は低弾性カーボン製のチャーコールマスター

2月10日以降の入荷予定

グラスとは違った雰囲気のトップウォーターロッドに仕上がっている

詳細はコチラへ

http://robelson.at.webry.info/200701/article_10.html

税込価格39480円

予約可能 さわりもしないで予約は出来ないか・・・

machida-sansui@fork.ocn.ne.jp

| | コメント (0)

サイズ展開

昨年、一部熱狂的ファンを産み出した小林重工・PA2

今年はサイズ展開を目論んでいる

羽田型PA2・・・3g スピニング対応スモールサイズ

PA2・・・10g 定番品

町田型PA2・・・18g クリアーウォーターを想定した遠距離タイプ

ハイシーズン前にはリリースされるだろう

時期がきたらアナウンスしたい

ノーマルPA2は税込1260円、新型については価格未定

| | コメント (0)

発売告知

ズイール3月のリリースはチマチマアンカニーチャップGE

5/16ozとライトウェイトだが、アンカニーの動きが出ているこのこと

色も良い

ウッド製 税込3360円

予約可能 通販可能

machida-sansui@fork.ocn.ne.jp

| | コメント (0)

2007.01.21

ラッカーからウレタンへ

復活するに当たり、元木さんは決断した

こだわりであったラッカー仕上げから、ウレタン仕上げに移行する事にした

どちらにも良いところがあり、優劣はないのだが、元木さんにとっては苦渋の決断であったとコラムに書いてあった

定番品としてお勧めしていたので、在庫がある

年末に各サンスイから、全てが町田に揃うように移動したので、また選べるくらい充実した

もし、気になるるあーがあれば、お問い合わせいただきたい

左から

マイティエディー 税込7980円

ビンビ 税込7140円

ソニックホーンミニ 税込7140円

左から

ビートカエルB 税込9240円 2006BBSカラーもある 私もビックリ

カエルB 税込8715円

通販可能

郵便局のユウパック代引きにて発送

税込10500円以下は商品代金+各地別送料+代引き手数料350円

税込10500円以上は商品代金+送料サービス+代引き手数料450円

詳細お問い合わせはコチラ

machida-sansui@fork.ocn.ne.jp

| | コメント (0)

津波が来るよ!(発売告知)

津波ルアーズが本格的に再始動する

復帰第一弾はビートカエル

ヘア付きテールフックも復活の小ぶりなカエル

詳細はこちら 

http://www.interq.or.jp/rock/tsunami/tsunami_lures/lures/beat/beat-kaeru.html

そして、津波としては始めてグリップがリリースされる

若手木彫家・山崎氏とのコラボレート

オールハンドカービングの仕上がりに期待が膨らむ

詳細はこちら

http://www.interq.or.jp/rock/tsunami/tsunami_lures/grip/grip.html

予約可能 通販可能

グリップは数に限りがありそう 気になる方はお早めに

machida-sansui@fork.ocn.ne.jp

| | コメント (0)

2007.01.20

ZEAL・テラー3/8リミテッド

ズイール定番テラー3/8ozが限定ハンノキでリリース

Lリグ、斜めずらしなど気が利いた仕様

人気の為、店頭はこの色しかない

税込4725円 通販可能

machida-sansui@fork.ocn.ne.jp

| | コメント (0)

ヒヨコブランド・スナオ

開発者のヒヨコ山科は次のように解説している

今でも「ペンシルベイトは難しい」とよく聞く
私は難しいと思った事はない
極端なタックルを使っていない限り、コツさえ掴めばたいていは、
どうにでもなるのであるのである
チョンとロッドを煽って突然止める
すると竿先が「慣性の法則」に従い反対方向に曲がろうとする
その勢いでラインが引っぱられ、ルアーが動くやいなや竿先がもどる
この時ラインにタルミが出る。 これが重要
このタルミをうまく出せるかどうかが、アクションに影響を与える
ルアーは横に動こうとしているのに、ラインが引っぱっていると、動けないと言うこと
一般的に「ドッグウォークタイプ(タテに近い浮き角度)」よりも
「スケーティングタイプ(水平に近い浮き角度)」の方が難しいと言われる
これもスケーティングの方がラインテンションの影響を多く受けると言う理由からで有る
なれればなれるほど、自在に動くようになるので上達感が味わえる

ペンシルベイトには色々な種類が有る
1 ピヨペンのような「水平太短系」
2 TDPペンシルやサミーのような「垂直系」
3 ザラのような「斜め系」
4 そしてハンドメイド系に多い「水平系」

それぞれ形や動きに特徴が有る
太さ、長さ、浮き角度、重さ により基本的なアクションが決まる
一例を書いてみる
太いほど首を振らせやすくなるが、滑りにくい
逆に細いほどスケートしやすいが、首を振らせにくい
立ち浮きほど速いアクションに向いている
と言った具合

写真のSUNAOは少し太めなので操作性がかなり高い
重量もそこそこ有るので水絡みも良くスケートもしてくれる

率直に分かりやすいと思う

税込5040円 通販可能

machida-sansui@fork.ocn.ne.jp

| | コメント (0)

ヒヨコブランド・ダンガンタイフーン

ダンガンタイフーンが入荷

バルサ製 1/2oz

ドリラータイフーンとボディーサイズを比較して欲しい

より細く、より小さい

今シーズンの実釣投入が楽しみ

税込6090円 通販可能

machida-sansui@fork.ocn.ne.jp

| | コメント (0)

2007.01.19

ペンシルベイト

私は懐古主義ではないので、写真のルアーが絶対と言うとつもりはない

バス釣りが好きで、アルバイトからこの仕事を始めた

色々なお客様と釣りに行くのが楽しくて仕方がない

トップウォーターの釣りはその中でも、最も気持ちが乗る釣りだった

まだ、今のように選択肢がない時代

道楽、ヒヨコ、バスポンドすら存在しない

ルアーの選択肢は少ない

バルサ50の顔が好きで仕方がなかった

ズイールは知っているけど、売っていなかった

カテゴリーも選べない

今のようにノイジーやスイッシャーは開発されていない

使うルアーはペンシルかポッパー

ビックバドは芦ノ湖の朝マズメで釣れることを教えてもらっていたので、かなり早い段階で釣れるという認識を持っていたが、昼間にノイジーで釣れると思っていなかった

必然的にペンシルベイトの使用率が高かまる

ザラスプークが釣れることは分かっていたが、なぜか心の底から好きにはなれなかった

バルサ50の目玉にやられていた私はビックラッシュスケーターを多用する

イメージでは、「スーッ、スーッ」とスケートさせたいところだが、なかなか思うようには行かない

若かりし私は、タックルバランスを理解していないし、釣れる「間」を知らない

それでも、バスを釣りたい私はジュニアサイズを選んだ

飛距離こそ思うようには出せないが、クイックな動きなら容易に演出できる

操作できる自分に酔う

気持ちが乗れば、魚は釣れる

経験値の積み重ねが釣りをレベルアップさせた

今思うと、未熟な釣り人であったが、何か満足感があったように思う

もしかしたら、それは操作感の充実かも知れない

現在は効果的と判断した時は棒引きルアーを多用する

そして、そのルアーだけではバイトを誘発させる事が出来ない魚が多いことも良く理解している

デカダンスもガンディーニもドリラーもない時代・・・、ペンシルで釣るしかない時代・・・

私の釣り欲は、操作感を満たすペンシルベイトで満たされていた

ペンシルベイトは難しい・・・、ペンシルベイトは釣れない・・・

最近、良く耳にする

使い方、使う時を見極められれば普通に釣れる

今は操作しやすく、良く動くペンシルが多い

自分のタックルにマッチするルアーを選んで、今シーズン使い倒してはどうだろう

今までとは、少し違った視線で釣りが出来るようになるかもしれない

他の人にはヒットさせることが出来ない魚こそ、満足度の高い魚なのではないだろうか

一応紹介しておきたい 手前から

ズイール・Bチマテラー35 ベイトで使う最小サイズ 簡単操作 (現行)

ズイール・テラー3/8oz 私にペンシルの基本を教えてくれたルアー (現行)

ザウルス・ファンキーモンク 大型ペンシルの傑作 人気はないが実績十分 (廃盤)

ザウルス・ビックラッシュスケーターJr スケートアクションで始めて釣れた (廃盤)

| | コメント (2)

発売告知

定番ミジェットエキスパートがウィードレス仕様でリリース

視認性を重視した明るめのカラーラインナップが特徴的

税込2940円 予約可能

machida-sansui@fork.ocn.ne.jp

| | コメント (0)

2007.01.18

ガウラクラフト・ケムコガネ

昨今、世の中を騒がせているケムシリーズに新しいルアーが投入された

ケムコガネ 3.5㎝ 3g

丸っこい形状なので、テーブルターンすると予想がつくが、意外と振らない様

ラバーレッグが抵抗となり回転できない

そこが良い

レッグが必ず揺れる 必ず動く

故にモゾモゾと小さい波紋を数多く発生する

そして、ボディを上下方向に揺らすとも聞いた

実際の釣りで確かめていただきたい

今期、専用スピニングロッドもリリースされる

ルアーに実績があり、タックルが充実すると釣りはシステムになる

以前から、私も(影ながら)提唱してきたバグコンセプトが今年実るような気がしてならない

期待しよう

そのうち、ケムサイズ、バグサイズという言葉が生まれてくるだろう

予定数の入荷ではあるが、店頭分がない状況がつらい

ガウラも増産すると公言している

次回生産をお待ちいただきたい

取扱店様で在庫を持っているところがあるかもしれない 問い合わせしてはいかがだろう

税込2400円 予約分にて完売しました 有難うございます

machida-sansui@fork.ocn.ne.jp

アクション詳細はガウラのこのページで確認いただきたい

http://www.gaullacraft.com/aqualism/kemkogane.htm

| | コメント (0)

ガウラクラフト・カニージャ

何度も紹介しているので、詳細はルアー・ノイジーのカテゴリーから探していただきたい

特徴的な逆三角形バルサボディー

動き出すと、どちらかの羽が水中に入る

抵抗で復元しようとするのだが、ここで高浮力の特殊ボディーが効果を発揮する

起き上がりこぼしと同じ原理で、早く戻ろうとする

故に、丸いボディーより早く次のアクションに移る

連続的に繰り返すことで、とてもピッチの細かいアクションとなる

私の考えでは、ノイジーは同じ距離を引く場合、より多くアクションしたほうが出が良い

数ある羽モノの中でもカニージャは優れていると思っている

3/4ozでフルサイズではあるが、使い勝手の良いルアーに仕上がっている

税込5550円 通販可能

machida-sansui@fork.ocn.ne.jp

今となっては懐かしい私のデビュー記事・トップ堂「ルアーサイエンス・ノイジー羽モノ」も参照いただきたい

何号かは・・・ 忘れました 探してください

| | コメント (0)

春の新作

スカジットの新作、新カラーが公表された

新作はヤーガラプロップ

2006秋、相模湖での50upが記憶に新しい

既に定番化しつつある羽ヤーガラ 2007新カラー

トップジャンキーも新しいグラスアイでリニューアル

詳細はまた追ってフォローしたい

予約可能

machida-sansui@fork.ocn.ne.jp

| | コメント (0)

2007.01.17

クワイエットファンク・久保田さんに聞いてみた

最近、お客様から良く聞かれる質問をクワイエットファンクの久保田さんに聞いてみた

参考になるかな?

黒・・・渡部 緑・・・久保田さん

《1・1》

ロングプロップ、ミディアムプロップは実釣で効果的であると言うお客様が多い

何故、LP、MPを作ろうと考えたのか?

実釣においてプロペラの存在感が大きいものの必要性を感じたから

《1・2》

その効果は?ノーマルと比べた場合にどの様な差があるのか?

●メリット

ジャークした際のプロップ音のアピール力=大

タダ巻きでも使える

首を振らすことも出来る

●デメリット

構造上、トリプルフックが使えない(テールフック)

首振りにシャープさが欠ける

《2・1》

DLカラーについて

殆どの方が意味を理解していない 教えていただけませんか?

DLとは何の省略?

dull(ダル)・・・にぶく、くすんだ感じ

《2・2》

彩度を落とした色調と書いてあったが、落とす事でシビアな状況に対応するのか?

私の考え方では、スローかつポーズの多い誘い可の場合は、バスにルアーを見られいることが多い

その様な時は、自然に馴染む色にする事で、バイトに持ち込むことが出来る事がある

例えば魚の色、虫の色、自然界全ての色など

同じ様な考え方なのでしょうか?

まさにそのとおりです

特に季節や水の色に応じた色を使うことによって、魚の反応が違うことを経験則として得ました

そのことを具現化したひとつの考えです

《2・3》

何故○○ヘッドの組合せだけなのか?

ヘッドパターンは異なるカラーの端的な組み合わせです

ヘッドとボディ、どちらかのカラーが強調されるのです

魚から見た場合、一部分だけが目立ち実寸よりも小さく写る

そのことがタフコンディションにおいて有効であるという持論からです

《3・1》

トリトンパルエース、ピコピロパルは重さこそ5/8だが以前と比べればかなり小ぶりに感じる

実に私向きのサイズだが、QFとして、サイズは小さくなる傾向にあるのか?

トリトンパルエース、ピコピロパル等のルックス的ボディサイズは 1/2オンスクラスですが、(パーツの空気抵抗に負けない)キャストしやすいウエイトを考え、5/8オンスに設定しました

今後は、今まで以上にサイズ展開を考えていることは事実ですが、すべてのもが小さくなる傾向に向かうわけではありません

quiet funk  くぼた

シーズンオフにも拘らず新作を意欲的にリリースしているQF

本格シーズン開幕前に準備したいルアーが多い

今後の久保田ルアーに更なる期待が膨らむやり取りと感じた

あなたはどの様に感じたのだろうか

ご意見ありましたら、以下へどうぞ

machida-sansui@fork.ocn.ne.jp

| | コメント (0)

2007.01.16

体調良好

本日、扁桃腺炎症の手術に関する最終検査に行って来た

担当医によると、完治したとのこと

昨年5月に発症した扁桃腺炎症とやっとお別れ

何かすっきりした

ご心配頂いたお客様、関係各社さま本当にありがとうございました

さて、釣りは何時から行こうかな・・・

寒いですがバスに行きたいですね・・・

トップで釣りたいですね・・・

まあ、これからは何時でも行けるので、タイミングを見計らって計画を立てるとしますか

| | コメント (0)

2007.01.14

カーボンですよ・・・ 

一部間違った表現があり、宇田さんから連絡頂いた

この内容で間違いないので、再チェック願いたい 

待っていました

私が欲しい所を、言わなくても作っているのがロベルソン

写真が出ていたので紹介しよう

名前はチャコールマスター

カラーはロベルソンホワイトという綺麗な白

品番を解読しよう

#075072-W

左から07は2007年デザイン、507は5.7ft

2はロベルソン流テーパー表現方法

アンバースポットは全て3テーパー それよりも少しファーストテーパーという意味

ロッド自体のパワーは5/8~3/4ozにジャスト

Wはスウェルバットのこと バットが太く広がっているのでワイドのWをとっている

詳細はロベルソンのブログでチェック

http://robelson.at.webry.info/200701/article_5.html

| | コメント (0)

タレックス偏光レンズ受注会開催決定

来る2月3日(土)にタレックス偏光レンズ受注会開催

時間は11時から19時まで

勿論、宅配のめがねやさん・重宗氏が来店

偏光レンズサングラスに関する全ての質問・疑問に答えてくれる

当日、視力検査も可能

偏光サングラスに向いているフレームを多数準備

自分に似合うフレームが選べる

もし、お気に入りのフレームをお持ちなら、レンズ交換も可能

信頼の技術でお客様の要望にお応えしたい

詳細・問い合わせはコチラまで

machida-sansui@fork.ocn.ne.jp

事前にチェックされたい方はリンクから宅配のめがねやさんのHPへどうぞ

| | コメント (1)

2007.01.13

発売告知

1月の道楽新作

サヨリスト ストレートジャークで使う

上から

WORM・・・2007年白染ワーム 税込12600円

NPISWB・・・ピンクスケールホワイトショア 税込12600円

絣(カスリ)・・・金・朱/糸目挽き風仕上げ 税込13550円

要望の多かったMARK1のsic仕様

使用頻度の高いスイッシャー、ポッパー、ノイジーを考えると少し硬さを感じるコチラの仕様が使い良いとの見解

PEラインユーザーからの声も多かったと聞く

イエロー、マッドブラック、ネイキッド、ベージュ、レッドの全5色

MARKⅠ ROD SICガイド仕様 税込38850円

トップは絡み防止のためにオーシャントップを採用

実に実用的で好ましい 私はこの様なマイナーチェンジが大好き

全商品予約可能

machida-sansui@fork.ocn.ne.jp

| | コメント (0)

2007.01.12

ZEAL・プランク3/8スペシャルカラー

1月中旬に発売される

上から宵の明星、パピヨン、ドルフィン

私の好きな直ペラ仕様でのリリース

以前発売されたHAの直ペラタイプでよく釣れた

持っていない方はいかがでしょうか・・・

| | コメント (0)

リンクに追加

NUNOさんはコ式でGOに参加してくれてからのお付き合い

格好良いHPをお持ち

自分で作っているのかな・・・

チェックしてみてくださいな

http://www.nuno666.com/index.html

「業界の友人」に入れておきます

NUNOワールドに興味がある方はそちらから、何時でもいけるようにして起きます

見ていると「クロホネ」がいい色に見えてくるのは私だけではないでしょう

| | コメント (0)

2007.01.11

最新釣果ではありませんが・・・

ペンネーム・アベシゲルさま 年越しでスイマセン

報告させて頂きます

06.12月末 タケダ、アベ、リトルの3人で、次回武田ナイトの下見に行ってくれた

サイズはまだまだだが、フロートリグで皆キャッチ

ペンネーム・アベ氏のアブマチックがいい感じ こういうスタイルもあり

タケちゃんは小さいサイズの様

今、場所探していますから、もう少々お待ち下さい

リトル君は・・・ 写真がボケボケなので今回は無し スイマセン

そういえば・・・ 年明け初のヒヨコサロンが更新されていた

是非、ご視聴下さい

http://www.hiyoko.org/blog/blog1/

更に・・・

ペンネーム・アベシゲル紹介のカピバラ皮ストラップがヒヨコHPのヤマシナセレクションに紹介されている

私も使ってみようと思っている

チェックしていただきたい

http://www.hiyoko.org/

| | コメント (2)

2007.01.10

バスポンド・BPカヤック

全く松井さんには頭が下がる

普通、オリジナルでカヤックは作らない

知って欲しい、感じて欲しいという熱い気持ちから作る事になった

ベースはエアフレーム1

BP仕様のグリーンバージョン

3月末にはリリースしたい 価格は未定

製造メーカーと調整中とのこと

私も早い段階からカヤック釣りに関わらせてもらった

カヤック釣りの楽しさを知ってもらいたいのは松井さんと同じ

盛り上げて行きたいと思う

そういえば・・・

4月の上旬(7or8日)に試乗会を開催しようと話し中

場所は多摩川の稲田堤

詳細が決まり次第、報告したい

| | コメント (0)

オールドタウン・ディライゴ

松井さんが乗るようになってから、一気に認知されたこのカヤック

3月末には2007年分が入荷するとのこと

遠回りせず、一気にハイエンドモデルを希望される方には最適

ハイエンドなだけに、価格も最高 07の価格は未定

良いものは高いのです

上から見ると、こんな感じ

予約可能

バスポンドか町田サンスイで購入可能

| | コメント (0)

発売告知

1月のヒヨコルアーはスナオ

ペンシルの基本を詰め込んだ素直なルアー

予約可能

同時に、ヒヨコスティックも発売

5/8~3/4ozに最適

これまた基本性能の高いロッド

| | コメント (0)

2007.01.09

ポーズ

ポーズ

意味はない。最近の写真は必ずポーズが入る。暖かくなったらまた来よう。

| | コメント (0)

願い

願い

願いはと聞くと「車屋さんになりたい」と言った。

| | コメント (0)

東京ディズニーランド

東京ディズニーランド

久々に来てみた。サービス精神旺盛。冬時間で夜7時までの営業。子供はみんな楽しそう。

| | コメント (0)

2007.01.08

最新釣果

当ブログ2007一番乗りはガウラ青芳

1月発売のケムコガネで40up

新たな領域のドアは既に開いている 本気でケムシステムはヤバイ

普通、この時期釣れませんから

そういえば・・・ 昨日、トダさんも釣ったと聞いた

一番乗りなら何かあげようと思っていたのに・・・ (冗談です)

| | コメント (0)

渡部さんはトッパーですか?

トッパーという定義が良く分からないが、私は多分トッパーではない

バス釣りが大好きで、95%以上トップウォーターで釣りをする

何故そうするか?

バスを釣りの対象として捉えた場合、そのほうが自然と考えるから

私は、なるべくトップウォーターで釣りたいと思うだけ

行き当たりばったりで、釣りをする事がある

実績がある釣り場でも、初めての時は状況を知りたい

良く知っている釣り場でも、釣れない時がある 1匹釣る事で、バスの状況を知る事が出来る

深いのか浅いのか、元気なのかイマイチなのか、岸についているのか離れているのか・・・

1匹釣る事で、かなり情報を得られる

その情報から、同じ様なバスがトップウォーターで釣れないか考える

仮に釣りに行き、釣れなくても、それ自体怖い事ではない

かなり慣れている

とりあえず1匹などと言う感覚では釣りをしていない

より1匹でも多く、トップウォーターで反応させ、釣りたいのだ

そこまでしなくても良いのでは・・・とも言われる

そうかもしれない

でも、そこまで調べて釣りをしないと納得が行かない

考え方は人それぞれ

あなたはどうだろうか?

そこで、このルアー

私が釣りに行く時に必ず持っていくルアー

みんな定番品 定番カラー

何時でも補充できる 安心して使える

ウィグルワート・・・ミッドクランクとして最も釣っている 凄くブルブルする

シャドラップ・・・小魚が多い釣り場で良く釣れる ヌルヌル泳ぐ

サムズシャッドシャロー・・・シャローランナー 巻くだけでいい

ダイナモバズ・・・右回りと左回りを使い分ける ペラが回るとカツカツいう

これ以上浅いレンジのルアーはダーターやライブリーで対応できるので使わない

このプラグを見て共通点を見出せるか・・・

答えは簡単

全て固定重心

安定した釣果を出せるルアーの多くが固定重心

効果があるならトップウォーターでも重心移動のルアーがあっても良いはず

実際には存在しない

興味を引く存在であり、違和感が少ない存在でなければバスは釣りづらい

固定重心にはそんなルアーデザインの基本があるのかもしれない

最新のルアーが悪いのではない

あまりにもリリースペースが速く、消化出来ないのだ

自信を持って使えるルアー

トップでもアンダーでも構わない

あなたはどれだけバリエーションを持っているだろうか

多ければ多いほど、その人の釣りは奥深い

そんな釣り人になれればと思っている

| | コメント (0)

2007.01.07

スミス・ハトリーズSP いのしし

今回は少量入荷 

通販分はご用意できません

ご了承下さい

いのしし・・・ 私、年男です

| | コメント (0)

2007.01.06

スウィートスティックとエログリップ

ありがたいことにスウィートスティックの要望が多い

店頭の在庫を紹介しよう

左から・・・

1-16HOBBトリコロールSP、1-156HOBBネイキッド(茶)、4-16HOBB(黒)

1L-156HOBBトリコロールSP、1L-156HOBB(白×茶、白×白)

1-152HOBBコルクガン(黒×茶、白×白)

詳細はトップ堂最新号の記事を見て下さい

良く聞かれる品番について、説明しておきたい

例えば1-16HOBB

初めの1はパワー 道楽サイズのルアーなら1パワーが基本

1Lは軟らかめ、4は硬め

その次の1はワンピースという意味

次の6は長さ 6ftということ 56なら5.6ftということ

HOBBは・・・ よく分からない 松本さんに聞いておきます

エログリップもこれだけあると壮観

左から・・・

Sバフ×Sコルク、Sバフ×コルクガン、Sバフ×ウタマロ、Sバフ×クリアー

ブラウン×コルクガン、ブラウン×Sコルク、ホワイト×Sコルク

真の定番グリップといえるだろう

これだけバリエーションを出すくらい需要があると言う事

お気軽にお問い合わせ下さい

machida-sansui@fork.ocn.ne.jp

| | コメント (0)

新しいホームが欲しくなっている

私には、新しいホームグラウンドが必要だ

以前は、月に3~5回千葉や茨城に釣りにいける状況を作っていた

そんな生活を何年続けてきたのだろうか

その情熱があり、一緒に向上しようと思ってくれたお客様が沢山いたから、今の私がいる

だから、ある程度は基本的季節感と釣り場感があり、通いつめなくても魚は釣れる(と思う・・・)

結婚し、子供が産まれ時間が無くなった

小学校に行くようになれば、また少し時間が出来るのかもしれないが、もうしばらくはかかる

短時間で行けて、経費のかからない釣り場がありがたい

お客様の中に津久井湖、相模湖を攻略しようと考えている若者たちがいる

今までの感覚であれば「無理でしょ」と考えるのが普通

しかし、彼らの熱意がその常識を覆そうとしている

5~8月のハイシーズンには、かなりの本数がトップで釣れた

そして、50upもトータル3,4本上がっている

メジャーレイク攻略というと何かおこがましいが、通うべき釣り場のひとつなのかもしれない

中央道を使えば、東京、埼玉からかなり近い

まして神奈川であれば、した道で十分

毎回、アクアラインを利用することを考えれば、レンタルボートを借りる事はたやすい

後は、情報次第だろう

千葉が盛り上がるのは、情報量が多いからと言う人もいる

確かにそうかもしれない

神奈川の釣り場でそんな情報を発信している人間は皆無

「我々がどの様に遊んでいるのかを伝えることで可能性を感じてもらえるかもしれない」と考えた

千葉、茨城にも行くが神奈川の釣り場の頻度を上げてみようと思っている

タカさんも期待していると言ってくれていた

地元の釣り場で楽しめるなら、それに越した事はない

もしかしたら新しいスタイルになるのかもしれない

もしかしたらスーパーヒットするルアーが生まれるかもしれない

考えただけで、ワクワクするのは私だけではないだろう

2月から始動する ご期待あれ

| | コメント (0)

今日もラインが話題になった

今日は夕方に戸田さんが来た

最近良く話す

色んな事を話したのだが、ラインの話になると、より一層真剣な話になった

「ナベさんはナイロン?PE?」と言う所から話が始まったのだが、まずは戸田さんの状況を聞いてみた

今までは太目のPE、ライトタックルには細めのPEにしているとの事

でも・・・

なんか気になると言う

アンディーのようにロッドを弾いて動きをつけるルアーを使うとPEの水きり音が気になると言う

表面積の大きいPEと真円に近いナイロンでは抵抗が違うのではないか・・・

この時期でも釣りに行く彼らの姿勢には頭が下がる

本気で釣りを考えている人は、必ずラインの事を気にしている

どちらがいいのかは分からない

現段階では、使い方次第と言う以外に答えは無い

やはり、真剣に「殺気」の話を書き続ける必要があると思った

何か意見のある方は、是非お聞かせ頂きたい

コメントでもメールでも構いません

宜しくお願いします

machida-sansui@fork.ocn.ne.jp

本厚木チームさん 今年も宜しくお願いします

神奈川地元の釣り場を盛り上げますよ

第一ターゲットは相模湖

相模湖といえば、おととい来店してくれたタカさんとその話になった

明日、時間があるときに書きますか・・・

| | コメント (4)

2007.01.05

ガウラクラフト・ブッピー渡部カラー入荷しました

15時に入荷しました

ご予約頂いた方全ての方にお買上げいただける状況です

最後の方だけカラーが足りません スイマセン

店頭引取りの方は何時でもご来店下さい

通販のお客様は受付順、金額の確認が取れた順に一部先程発送いたしました

時間内に連絡がつかなかったり、メールのみでのご連絡の方は、私から個別に連絡中です

ご確認下さい

明日から3連休となりますので、郵便局の発送が出来る1月9日以降の発送となります

配達希望日や時間帯がある方は、その旨記入頂き返信してください

まだ途中なので、これからまた連絡します もう少々お待ち下さい

店頭販売分は今のところ微妙です

キャンセルが出るかもしれませんので、出たら並べます

宜しくお願い致します

サンスイ渡部

| | コメント (0)

2007.01.04

お知らせ

ガウラクラフト・ケムコガネは入荷予定数に達する勢いなので、ここで一度予約受付を終了します

既に予約されている方の分はほぼお買上げいただけます

これから予約される方の分は入荷状況次第となりますのでご了承下さい

宜しくお願い致します

machida-sansui@fork.ocn.ne.jp

| | コメント (0)

質問がありました

既に人気となりつつあるケムゴガネ

お腹の色はどんな感じという質問があり、ガウラに聞いてみた

写真付きでブログにアップされていたので、勝手に拝借

参考にして下さい

最近ガウラネタばかり

他が動いていないのでしょうがない

明日辺りから、徐々に情報が出てくるだろう

これからの時期は、少し道具の話ばかりではなく釣りに関するコラムを増やしてみようと考えている

なかなか進まない「殺気」の話など、色々ネタはある

気が向いた時に書いていこう

| | コメント (0)

2007.01.03

明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます

本年も宜しくお願い致します

早速ですが・・・

ガウラクラフト・ブッピー渡部カラーの全貌が明らかになったので報告したい

デメキンがいい

流木は思ったよりムラが無く、本物のよう

オイカワは正にイメージどおり バグリーズの様な赤いエラがポイント

カエルは昔の50シリーズの離れ目の頃のスポットをリクエスト

50マニアだった私でさえ1本も手に入れることが出来なかったカラーリング

満足のいく仕上がり

ここにツヤツヤのトップコートがかかり、パーツが組み込まれたら・・・

自分で企画しておきながら、とても期待してしまう

腹はこんな感じ

サインは「07 Buppy SP M・Yagi」と入っている

作者のサインは魂の証

気合を感じずには居られない

あと1、2日で発送予定

もうしばらくお待ちを・・・

| | コメント (2)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »