« ヒヨコブランド クレイジータコ | トップページ | ダイワ精工 南部百式詳細 »

2007.06.18

ガウラクラフト コタマンゲール

オタマンゲールの小型版として開発されたコタマンゲール

重さは14gと軽くなった

新コンセプトで投入されたオタマンゲールのおかげで、今までバイトすら持ち込めなかった魚まで届き、アピールし、魚の反応を取れるようになった人が多いだろう

コタマにすることでルアーの自重が軽くなり、障害物へのからみが減少

よって、フロロのガードが不要になった

不要になり、フッキングも良くなった

一口サイズになり、背中まで魚の口に入るようになった

軽くなったコタマを正確にコントロールキャストできれば、かなり使える

アクション映像を見てみれば分かるが、ウィード、パッド等の草系カバーは全く問題ない

ブッシュなど水面より上にあるカバーには、引っ掛かることはある

それはしょうがない

そのくらいにしておかなければ、バスの口にフッキングすることもないだろう

障害物回避能力とフッキング効率は相反する要素

何処でバランスを取るかである

キール系とゲール系の使いこなしが、関東近郊のハイプレッシャー釣り場を制する鍵になっている事には間違いない

税込4620円 通販可能

町田サンスイにメールする

|

« ヒヨコブランド クレイジータコ | トップページ | ダイワ精工 南部百式詳細 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヒヨコブランド クレイジータコ | トップページ | ダイワ精工 南部百式詳細 »