« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007.12.30

発売告知 ガウラ1月分

先ほど、各社をチェックしていたら、ガウラ1月分が発表されていた。ケムピンポンとアンディ。共に人気ルアー。要予約。入荷数は確定していない。ご希望色、優先順位、単体、複数のご要望をメールでご連絡下さい。色はガウラのブログでチェック。ご予約頂いても、100%対応出来ない場合が予想されます。ご了承の上、ご予約下さい。
携帯でも見れるブログをチェックしていたら、すごい魚を発見。林君のブログを見てください。釣り人は…。負けないぞ!(笑)良いガイドと上手い釣り人のコンビネーションなのでしょう。私のガイドは最高なんですけど、私の腕が…。精進します。
皆さん良いお年を。

| | コメント (0)

年末年始のご挨拶

今年もお世話になりました

色々ありましたが、私は来年に向けてスタートを切りました

どのような事が出来るのかは、私自身も分かりません

面白い事、楽しい事をご提案して行きたいと思います

ご期待下さい

本日より、来年1月1日まで帰省のため不在となります

御用の方はメールか携帯電話にご連絡下さい

業務再開は、1月2日を予定しております

宜しくお願い致します

簡単ではありますが、年末年始のご挨拶とさせていただきます

ワタナベテツヤ

| | コメント (3)

たまには在庫でも6

在庫を紹介

本日より不在となりますが、ご入用の商品がございましたら、メールにてお問い合わせ下さい

宜しくお願い致します

ワタナベテツヤ

Img_1063

五十鈴工業 BC721SSS ブラック、ブランカ、グリーン

Img_1066

BC600SSS ブラック、ブランカ

Img_1068

BC720SSS ブランカ、グレー、ブラウン

Img_1070

BC720SSS ブラック、レッド

通販可能

ワタナベにメールする

| | コメント (0)

たまには在庫でも5

在庫を紹介

Img_1072

ナチュラルディストーション ツールコード ショート税込み840円 ロング税込み1050円

Img_1074

ナチュラルディシトーション 偏光サングラス 税込み13650円

Img_1076

ナチュラルディストーション クリアーレンズグラス 税込み8400円

Img_1051

ヒヨコブランド A ホロブルーギル 税込み8190円

           革張り 税込み9240円

Img_1052

ヒヨコブランド プラダンガン 税込み3045円

通販可能

ワタナベにメールする

| | コメント (0)

たまには在庫でも4

在庫を紹介

Img_1058

津波ルアーズ ビンビ 税込み7350円

Img_1060

津波ルアーズ ビンビ 税込み7350円

Img_1061

津波ルアーズ ビンビ 渡部カラー・ベビーバス 税込み7980円

Img_1056

津波ルアーズ ソニックリボー 渡部カラー 税込み7770円

テネシーシャッドOB、ブルーギル、オイカワ

Img_1054

津波ルアーズ スーパースワンキー 税込み3675円

通販可能

ワタナベにメールする

| | コメント (0)

たまには在庫でも3

在庫を紹介

Img_1044

道楽 新チャンポングリップ 税込み21000円

Img_1049

チェスト114 カッティングステッカー 税込み630円

Img_1050

チェスト114 ステッカー 税込み420円

Img_1055

ジョイプラグス ジージーはしやすめ 税込み7350円

Img_1079

アカシブランド アルデンテ・EVAグリップ付き 税込み45150円

通販可能

ワタナベにメールする

| | コメント (0)

たまには在庫でも2

在庫を紹介

Img_1027

バスポンド マニューバー 税込み3360円

Img_1030

バスポンド ローリングクラッカー 税込み3990円

Img_1028

バスポンド トレブルフック 税込み840円 ダブルフック 税込み630円

Img_1040

パイプライン スウェル 税込み6195円

Img_1046

PB 510C 税込み4200円

通販可能

ワタナベにメールする

| | コメント (0)

たまには在庫でも1

現在在庫を持っているところをご紹介

Img_1033

ガウラクラフト シェイクヒップ 税込み5100円

Img_1034

ガウラクラフト トレブルフック#2 税込み520円

Img_1035

ロベルソン リールカバー全色 税込み1890円

Img_1038

ジョーカー PUB69 税込み6090円

Img_1039

アルバン DVD アカシ・トップウォーターテクニック 税込み3990円

通販可能

ワタナベにメールする

| | コメント (0)

最新釣果 ゲドダイ編

Cimg1923

ゲドダイ バスポンド マニューバー

| | コメント (0)

最新釣果

200712292239000

タケさん 伊豆 スミイカ 良いサイズ

本当にコンスタント

正月旅行のついでにイカ釣りなんぞいかがでしょう

| | コメント (0)

2007.12.29

発売告知 津波ルアーズ マイティアロージーニョ

Swatch

津波の中で、実績・人気ともにナンバーワンなのがマイティーアロー

ミニは存在していたが、ペラの重量を支えるために少し太くなっていた

それはそれでいいのだが、今回はアロープロップから作り直して、使いごろサイズに仕上がった

表示は3/4oz 丁度いい

様々な釣り場でその効果を発揮しているマイティーアローの弟分ジーニョに期待が高まる

いろは定番の8色展開

ものすごい数のご予約が予想される

第一希望から第三希望位までは書いておいて欲しい

複数希望なのか、単体でいいのかなどご希望の詳細を必ずお書き添えいただきたい

発売は1月末、注文締め切りは1月8日としたい

早いご連絡を優先させていただくので、決めた方は早めにご連絡を

予約可能 通販可能

ワタナベにメールする

ご予約いただいても、お買い上げいただけない場合がございます

少量生産、人気商品であることをご了承頂きご予約下さい

| | コメント (0)

発売告知 クワイエットファンク新作&復刻

20071229

久保田さんにしては、随分と大きなペンシルベイト

13cm、1ozはかなりのボリューム

ビックワン狙いにと書いてある通り、ヘビーデューティーな仕上がりが予想される

アントニオ・ツク・ヴィー 税込み7350円

20071228

セバスチャン・ヴィーはとても懐かしい 

当時は少し小さい感じで、受け入れられなかった事を覚えている

今、改めてみてみると、実に使いごろのサイズである事が分かる

クイックターン&ショートスライドがイメージ

上下非対称の3Dボディーが肝と紹介されている

今回は色使いがとても面白い

会場がシンプルなデザインは、奇抜な色合いが良く似合うと思っているのは私だけだろうか

税込み5880円 

アントニオ・ツク・ヴィー、セバスチャン・ヴィー共に予約可能 通販可能

ワタナベにメールする

| | コメント (0)

発売告知 クラッシュ1月分

024_2

ラインナップは6色

021

フラットサイド気味

0022

フリテンXタイフーンの新色

予約可能 通販可能

ワタナベにメールする

| | コメント (0)

2007.12.28

12/27釣行まとめて追記

今日も釣りに来た

スケジュールの許す限り、釣りに行こうと思っている

この時期のトップウォーターバス釣りは、今まで本気で挑戦した事が無い

既に多くの方が釣り場・釣り方を開拓しているので、今更、私が行く必要も無いだろうと思っていた

今までと違って、私には時間がある

「お世話になっている方と釣りに行きたい・・・」

そう思っていたので、12月に入ってからほぼ毎週釣りに行っている

結果は・・・ ご存知の通り釣れていない

釣り方は通っている釣り人の理屈で分かっているが、自分で実践できるかどうかは別問題

今は理屈と現実のギャップを少しずつ埋めて、釣り上げるという結果まで持っていきたいと思っている

今日はどのような結果になるのだろうか

Img_1025

スタートは6時過ぎ 丁度白むかどうかというタイミング

気温はマイナス3度 水温8.5度

普通に考えれば、可能性は・・・ ほぼゼロであろう

水面のもやを見れば分かるだろう 

放射冷却で冷え込んで、水温の方が高くなり蒸発しているのだ

しかし、釣っている人は釣っている

先々週も目の前で結果が出ている 素直に賞賛と驚愕を感じた

私もその感動を味わいたいのだ

面子はいつも私に笑いを提供してくれるキリュウ君、先日釣り場でもお会いした袖ヶ浦次郎さん、そしてガウラクラフト青芳さん

結果が出れば良しということで、2人ずつに分かれて2艇で出船した

冬の定番ポイントはレイダウンと冠水ブッシュ

兎に角、その手のカバー周りについている事が多い

Img_0961

次郎さんに最近の当たりエリアを教えてもらい、自分達なりに釣り進む事にした

12月頭と比べ、釣果はかなり安定していると聞いていた

想像できなかったのだが、ケム釣りで安定した反応を取れているという

半ば疑っていたが、地元の言う事は信じるべきと私はスピニングを準備

私とキリュウ君はベイトタックルを使っている

メインで使っていたのは2タイプ まずはフラットサイド系Img_0972

BPシャッド、スナフヴィー、以前作ったフラットサイドシャッドを2個

ヒップフラップはもっていない 無いなりに何とかなるだろうという考え

カバー周りは様々なルアーを準備した

Img_0965

キールヘッド、キールヘッドタイフーン、ケプティー このシリーズは外せない

Img_0968

ステイさせる場合はラバースカートが付いている方が効果的だと思っている

イヤーン、Rショック改、はなげ番長

Img_0970

ワンフックのものは使いやすい

バレルⅠ、シューティングベイト、カイコトキオ改、ヒヨコブランドプロト

ロッドは最近良く使っているアンバースポット#065053

リールは、五十鈴BC720SSSブラウンアンティーク

タックルバランス、デザインともに私の好み

実績ポイントをじっくり流して3時間 全く反応が無い

青芳さんに電話すると・・・

「次郎さんが3バイト1フィッシュで44、私は4バイトでキャッチなしです。全部ケムですよ。」

0712271

次郎さんの魚がこれ

出方は夏よりも全然良いとのこと イメージが出来ない

郷に入れば郷に従う

この日はタックルに拘らないで釣果を求めようと決めていた

大体の感じを聞いて私もケム投入

071227_09210001

上流に進むほど水色が悪くなり、生命感を感じない

夜から忘年会が入っているため、夕方まで釣りが出来ない

「渡部さんに魚を釣らせたい」と誘ってくれた青芳さんと同船する事は決めていた

早めの昼食&休憩の後、相棒を入れ替えて後半戦スタート

071227_11420001

実績ポイントを再度チェックしながら、広範囲に探ることにした

この時点で、魚が付いているのはレイダウン&冠水ブッシュである事は間違いない

その様なポイントをくまなくチェックして行くと、青芳さんにバイト

目の前で起こったバイトは、明らかに夏のそれとは全然違う激しいものだった

これで私の疑いは無くなった 

自分の中に「冬・ケム・シェイクで魚が反応する」という考え方は無かった

しかし、目の前で見せられると受け入れるしかない

「出来ればベイトで」という希望は捨て、1本捕るまではケムで貫く事にした

時間は14時過ぎ

「ここしかないでしょ」というレイダウン&冠水ブッシュのポイントで私のケムコガネ・アマガエルに待望のバイト

40台中盤クラスである事は魚の引きで分かる

青芳さんも「良いサイズ!」と竿を置き、操船に専念してくれた

冠水ブッシュ周り+スピニングでは魚を取り込みにくい PEとはいえ細いので無理は出来ない

ブッシュに付いている魚はバイト後すぐにブッシュに戻る傾向がある

一度出てきたものの、再度ブッシュに突っ込まれた

その直後、ラインテンションが一瞬にして抜けてしまった

虚しく浮いてくるケムコガネ 私の緊張感は途切れた

071227_14250001

残念がっている場合ではない

魚の反応があったのだ エリアが合っているのかもしれない

私がばらしたブッシュの隣の大型レイダウン

私の位置からはキャストしずらい隙間に青芳さんのケムピンポンがジャストで着水した

数回のシェイク後、「ボンッ」とバイト

水温のせいか、動きはさすがに鈍い

青芳さんがキャッチしたのはパンパンの41

0712272

ケムピンポンのタマウキ

明らかにこの辺りだけ反応があるという事で、少し時間を置いて入ることにした

同じようなポイントをいくら打っても反応は無い

ヤハリさっきのエリアが気になる

時間に制限があるので、タイムアップギリギリまで待って先ほどのポイントに入ることにした

この時点で15時45分

流し始めて先ほど私がばらしたブッシュにたどり着いた

青芳さんはキャストせず、私にポイントを譲ってくれる

一通り流した後、ベイトタックルに交換していた青芳さんがチェックするという感じ

何度もキャストし真剣に誘った後、青芳さんがチェックし始めた

釣れる人は何故だか釣るものだ

何気なく使っていたガウワイザー・スカイフロッグに無音バイト

ボート際1mだったと思う

フックはギリギリ掛かっている 素早くキャッチした魚は30台

0712273

「何となく追ってきていましたね・・・」

この時点で勝負あり

本当は私がこの魚を釣るべきだったのかもしれない

昔、私はこの釣り場に通っていた 釣り場の事は良く知っている 

でもこの時期の経験値が少なかった

諦めもつく 納得できた

次回は、確実にこの日の経験を活かせると思う

時間に余裕がある春までの間、できる限り私は釣りに行きたいと思っている

釣れても釣れなくても自分で行ってみなければ、本当の事は分からない

自分の肌で感じなければ釣れるようにはならないかもしれない

「何も無理して、冬に釣らなくても・・・」

確かにその通りかもしれない

それでも私はトップで魚を釣りたい

来シーズンに同じように行きたくなるかどうかは分からない

今シーズンは異常なほどに気持ちが盛り上がっている

この気持ちのまま通ってみようと思う

青芳さんと釣りをしながら色々な話が出来た

「何でこの時期にケム?ムシなんか食っていない」皆さんそう思うだろう 私もそう思う

青芳さんは「弱々しい何か」に見えているのでは?と言っていた

それ以外に我々が納得できる理屈が見当たらない

冬にケム

実際に体験してみるまでは分からなかったが、この釣りは今までのトップウィーターバス釣りとは、少し違う所にある釣りと感じている

魚を誘うレンジはトップウォーターだが、普通の釣りと反応のさせ方と違う気がしてならない

もう少し煮詰めれば、明確な釣りのパターンとして成立するのではないか・・・ そう思う

071227_16160001

フラットサイドルアー、ウィードレスルアーをメインにしたベイトタックルでの釣りとケムをメインにしたスピニングの釣りが出来れば冬の釣りは十分に楽しめると思う

バーナーとカップ麺を持って湖上に行ってみよう

予想外に魚に出会えるかもしれない

そして、この時期に出会う釣り人はかなり本気の人が多い

話してみれば盛り上がるだろう

今年はこの釣りで最期

来年も早々に行こうと思っている

何とか1本キャッチしたいと思っている

ご清聴ありがとうございました

今回は期間系列を追って追記してみた

いかがだっただろうか

気になるのは画面の重さ

一つの記事でここまで長い記事は今までに無い

重くて動きが悪いようであるなら意味が無い

何か変化を感じている方がいらっしゃいましたらご連絡下さい

| | コメント (2)

2007.12.27

ライブ終了

ライブ終了
ガウワイザーのあと、私にワンバイト。ケムコガネ。タイムアップです。青芳さんは余裕の表情。全員で12バイトの3キャッチ。最大は次郎さんの44。お疲れ様でした。

| | コメント (3)

ライブ7

ライブ7
ガウワイザー。

| | コメント (3)

ライブ6

ライブ6
最後の勝負です

| | コメント (0)

ライブ5

ライブ5
イベリコさん、すいませんねー。ケムピンポン41。

| | コメント (2)

ライブ4

ライブ4
バラした。へこむ。ケムコガネ。

| | コメント (2)

ライブ3

ライブ3
ガイド青芳登場。

| | コメント (2)

ライブ2

ライブ2
ケム投入。

| | コメント (0)

ライブスタート

ライブスタート
今日もきました。釣りたいです。

| | コメント (0)

2007.12.26

スタメン はなげ番長

動画アップテスト。サンプル映像はスタメンのはなげ番長。きちんと見れるのか楽しみ。

(追記)

デジカメで撮ってみた

意外と良く見える

作品ではないので、どのように動くかが分かればいい

聞こえにくいが、音量を上げると音もちゃんと聞こえる

鼻の穴から発するポッパー音が良い感じ

ラインアイ付近にカップを作ると確実にポップ恩を発するが、ウィードレス系では引っかかりやすい

テールカップにする事ですり抜け性能を落とさずに、ポップ音を発する仕組みを作った

言われれば簡単な事だが、今まで存在しなかった

気付いた者勝ちだと思う

近いうちに他の動画もアップしてみたい

@ニフティーの動画アップは簡単だった

ブログへの投稿も簡単だった

何時かは動画ライブも可能になるだろう

なるべく掲載したいが、限界はあると思う

出来る範囲でやってみたい

| | コメント (0)

最新釣果 ゲドダイ編

Cimg1891

ゲドダイ バスポンド・マニューバー

新聞の日付は12月23日

やりますな

| | コメント (0)

2007.12.24

最新釣果

最近調子が良いこのお方

200712212224000_2

タケさん 伊豆 スミイカ700g弱

時期的に考えても、十分なサイズだろう

最近、おすそ分けいただいている

ありがとうございます!

| | コメント (0)

発売告知 道楽・山根デラックスロッド

久々に仕上がった山根デラックスロッド

品番はマークⅠとマークⅠ556の2種

Img_1341

金グリ仕様 ガイドが全て上に付いている?

Img_1344

『琵琶湖山根竿平安楼別跳』

琵琶湖SPなのだろう

税込み94500円

ご要望の方はお早めにご連絡下さい

ワタナベにメールする

| | コメント (1)

津波ルアーズ ビンビ・渡部色・ライムチャート

津波ルアーズでオリジナルカラーを製作していただくようになってから、初めて魚以外の色となった

この色は完全に私の趣味であるが、この色が有効な釣り場に行っている方は多いと思う

Img_1005

チャートリュースベース、ライムグリーンバック、オレンジベリーの組み合わせ

派手な色の組み合わせ

ある水域では、この色の効果は大きいと思っている

Img_1007

横から見ると、グラデーションがよく分かるだろう

この色はマッディシャローの釣り場で使いたいのだ

最新のトップ堂記事で元木さんをガイドした釣り場では、何度も色に対する偏食を体験している

その中でも、最も高確率で好まれたのがチャート系

マグナムトーピードでこの手の色を良く使い、多くの反応を取ったことを覚えている

Img_1009

腹はオレンジ

関東人はオレンジベリーを好む方が多い

マッディシャローでは、特にその傾向が強い

だから、びっちりオレンジにしてもらった

Img_1010

目の周辺は赤

真っ黒いビーズアイである

こうして見ると、ビンビとは小魚のことなのだが、レトリバーに似ている気がしてならない

私だけであろうか

是非ともハバさんに使ってもらいたい色である

税込み7980円 通販可能

各色購入できます お問い合わせ下さい

ワタナベにメールする

| | コメント (2)

津波ルアーズ ビンビ・魚色・ベビーバス

Img_1018

初チャレンジとなったベビーバス

私が魚色に拘るようになったきっかけはバスカラーだった

小魚のベースカラーはシルバー

背中は自然界で最も違和感が少ないブリーンバック

うっすら金色の鱗が入り、正に小バスという感じ

Img_1020

顔周辺はこんな感じ

リアルかどうかは別として、魚っぽい、釣れそうと思っていただければ十分である

Img_1021

ベビーバスで初めて採用された鱗なしシルバー

粒子の粗いシルバーがべた塗りされている

ものすごく輝いている

フラットな部分はパールホワイト

小バスの内臓辺りは確かに白っぽい

全体的に良くまとまっている

税込み7980円 通販可能

各色購入できます お問い合わせ下さい

ワタナベにメールする

| | コメント (0)

津波ルアーズ ビンビ・魚色・ウグイ

Img_1013

ウグイは2回目の製作となった

今回は鱗も細かく、よりリアリティを感じる

Img_1014

サイドの模様を少し濃く塗ってもらった

ウグイらしさが出ている

Img_1016

腹はパールホワイト

ウグイの婚姻色が出る直前の色をイメージした

ウグイが最も岸に寄り、バスの餌となる可能性が高い時の色なのだ

税込み7980円 通販可能

各色購入できます お問い合わせ下さい

ワタナベにメールする

| | コメント (0)

最新釣果 

071212_13570001

レンスケ師匠 伊豆 アオリイカのキロアップ

タックルはカラマレッティープロト

彼の願いは「できるだけ早く福山雅治似の男として生まれ変わること」である

| | コメント (0)

久々に会った

100_1517

久々に会った面子

タケダサカエ、チムシ松本、ワタナベテツヤ

そして、写真を撮っているのはアベシゲル

何を考え、何処に向かおうとしているのか・・・

様々な釣り、人について少し話した

想定外の方向性も少し見えてきた

面白くなりそうだ

| | コメント (0)

最新釣果 シンタロウ編

20071223_001

シンタロウ アカシブランド・ハングリーバス

| | コメント (0)

最新釣果 ゲドダイ編

Cimg1840

ゲドダイ バスポンド・マニューバー

| | コメント (0)

2007.12.22

津波ルアーズ ビンビ・魚カラー

詳細は後ほど

Captainbimbe_2

ウグイとベビーバス

071222_15040002

視認性の良いチャートリュース

ワタナベにメールする

| | コメント (0)

パイプライン スウェル

初の取り扱いとなったパイプライン

ルアーはシングルプロップのスウェル

Img_0984

手前からレッドヘッド、クラック、ゴールド&ブラック

この3色は右回りのプロップ

Img_0985

手前から、パープルバック&ゴールドラメ、ブラックフロッグ

この2色は左回りのプロップ

Img_0986

他の面から見てみるとこんな感じ

Img_0988

気になるサイズはこの通り 重さは16g±

比較対照はBPベイト・キールヘッドタイフーン

太くて短いのがよく分かる

ずんぐりしていると、ピンポンとでの回転運動(アクション)に向いている

フロントのプロップはプロップ音というよりかは、手前に来てしまうのを防ぐために抵抗

最も太い所から後ろの部分に浮力の高いバルサを組み込んでいる

アクションをつける時に、少し水中に突っ込む感じになる

手前に来るのを極力防ごうという事なのだ

ウッドにバルサを組み込む・・・ 言い換えれば「ハイブリッド素材」

魚が釣れるのか?効果的なアクションをするのか?ときかれた場合、その答えは???である

普通は、ボディにウェイトを入れてバランスをとる

重心がはっきりとするので、思ったアクションをつくり易い

浮力の違いでアクション、機能をデザインする

今までその様な事をしているビルダーを聞いたことが無い

良いのか、悪いのか確かめてみたい

何故その様にしたいのかを聞いてみたい

その様な発想にチャレンジする彼のルアーを使ってみたい

そう思う

税込み6195円 通販可能

ワタナベにメールする

| | コメント (0)

スタメン はなげ番長

インパクト この言葉に尽きる

こんなデザインで・・・

ルアーを見すぎてしまっている私の第一印象はその様な感じだった

昨日、釣りに行ってきた

釣り場の特性から、ウィードレス性能は必須

はなげ番長は活躍してくれた

魚? 聞かないで欲しい

Img_0990

先端は尖っている

障害物の奥から出てくるときに平面の面積が大きいとそれだけで引っかかってしまう

テールが丸く太い

キャスト時にある程度の障害物貫通能力がないと「ブチコム」事すら出来ない

Img_0991

腹側は少しえぐれている フラット面が多く取ってある

障害物を越えるときに、丸い腹では、障害物の頂点で転がってしまい、フックとボディの間に隙間が出来る

そこに引っかかってしまうのだ

優れたウィードレスルアーの殆どがこのような構造になっている

フックが収まる溝もしっかり取ってある

確実に収納して回避する

はなげが出ているはなの穴はポッパーのカップの役割を持っている

首振り時にポコッとポップ音がする

上手く音の効果を作っている

はなげは長く、揺らめいている

ステイ、アクション共に効果を発揮するだろう

地味になりがちなウィードレスルアー

そんな中、はなげ番長は十分なアピール機能を持っていると思った

税込み7350円

今回入荷分は、既に完売となりました ありがとうございました

| | コメント (0)

クワイエットファンク アマノジャックウーノ他

Img_0993

アマノジャックウーノ 5/8oz ウッド製

最近の久保田さんはチャレンジャーだと思う

面白いデザインがどんどん商品化されていく

フラットサイドのダーター

ラインアイは二つ

上の方はじゃじゃ馬ダーター 限界点を超えると機能しなくなる

しかし、その範囲ではものすごく不規則で面白いアクションをする

下の方は、とっても優等生

ライブリーミノーのように綺麗に泳ぐ

正に「天邪鬼」、あるいは「クワイエット&ファンク」といった所だろう

他の色は入荷待ち

税込み3990円

Img_0996

トリトンパルエース 5/8oz ウッド製

中型のフロントビックプロップルアーの代表格となったトリトンパルエース

実に使いやすい

フロントペラはボディに対して大きいだけで、必要以上の空気抵抗は無い

比較的飛ぶ

首振り、棒引きどちらも効果的 使用頻度を上げて欲しい

他の色は後日入荷

税込み3360円

Img_0999

パーツ各種が揃った

ロングプロップHセット、ミディアムプロップセット、マグデカウィングセット、アルミスリーブ(2個入り)、SUSトリトンプロップ

補修は勿論、チューン、自作にも良く使われている

全て税込み525円

通販可能

ワタナベにメールする

| | コメント (0)

ヒヨコブランド ドリラータイフーン各種

ドリラータイフーンから派生したルアーがこの二つ

Img_0950

ドリラータイフーンLW

LWとは「ライブウェイト」

ノーマルモデルはノーウェイト・バルサボディ

きびきびしているのが信条

ウッドのドリラーと比較して少し水絡みが悪い

このサイズで水絡みを追求したのがこのモデル

軽量ウェイトを入れることで、動きが結構変わる

今回はWフック仕様

手前のコイは税込み7140円 ツル、カメは税込み6615円

Img_0951

分かりにくかったが、コイはホログラム仕様

そして、ケムドリラー

ガウラクラフトとヒヨコブランドのコラボルアー

今春の好評にお応えする形でリリースされた

Img_0952

手前YYD(イエローヤドクガエル)、奥GYD(グリーンヤドクガエル)

税込み6615円

Img_0957

左HRH(ホロレッドヘッド)、右HBH(ホロブルーヘッド)

税込み7140円

ケムシリーズに採用されているラバーレッグの効果はあの方のおかげで周知の事実

カチカチ+釣れ線サイズのドリラータイフーンにケムラバーが付いたらどうなるの???

最初はこんな感じでスタートした企画

想像を超える反響があった事を鮮明に覚えている

2社共にとても忙しいメーカー

繁忙期には日程調整をする事が難しい

この時期限定の企画となりそうだ

お知らせ

ドリラータイフンLW、ケムドリラー共に年末年始に向けた出荷となります

先日、少量入荷しましたがご予約いただきましたお客様の分を全てかベーできる良ではありませんでした

確実に入荷しますので、今しばらくお待ち下さい

ご予約順とはさせていただいておりますが、一回で全てお送りできる方を優先して発送いたしました

2回、3回と分けていては送料、手数料がかかりすぎてしまいます

入荷状況をご理解頂き、ご了承お願い致します

次回分入が荷いたしましたらご連絡差し上げます

宜しくお願い致します

可能な限り生産するとの事です

追加注文可能です

ご要望がありましたら、是非ご連絡下さい

ワタナベにメールする

最後はプラダンガン

Img_0947

ストックの中にあったプラダンガンのブランクは少量

通常のリリース量から考えれば、全然少ない

しかし、多方面からの要望を受け生産することにしたようだ

少量過ぎててに入れにくい状況にあるかもしれない

ダンガンをもっていないようならば、是非使って欲しい

見つけたら購入検討して欲しい

私のところに入荷した分は、既に完売となっている

HEH(ホロレッドヘッド)税込み3570円、BCD(ブルーコーチドック)税込み3045円

こちらの商品はご予約分で完売となっております ご了承下さい

| | コメント (0)

2007.12.20

最新釣果

Cimg1684

ゲドダイ バスポンド・マニューバー

こんなにコンスタントに釣る男はいないだろう

| | コメント (0)

2007.12.19

発売告知 ヒヨコブランド・ヒヨコニギリ

発売告知と記事をアップしたが、実は私がメールを見落としていた

詳細が分かったので再告知としたい

ニギリ単体とリールシート(グラスアイ社)込みの2タイプから選べる

ニギリは3種類

Img_3707_2

子アザラシの皮を使用したアザラシ

軽くて滑りにくい

ニギリ単体・税込み18900円 リールシート込み・税込み28875円

Img_3705_2

アルミメッキ ヒヨコブリップの様な高級感をイメージさせる

ニギリ単体・税込み19950円 リールシート込み・税込み29925円

Img_3706_2

アルミブラスト 金属でありながら滑りにくい仕上げ 

ヒヨコブリップの時も、実用的という理由で人気があった

ニギリ単体・税込み19950円 リールシート込み・税込み29925円

お持ちののリールシートにグリップ部を取り付けるサービスも開始

取り付け費用として別途3150円(税込み)がかかるが、プロの仕上げは美しい

慣れていない方は、取り替えてもらった方が無難だろう

リールシートによっては適合しなかったり、合わない場合もあるようだ

返送の送料は3150円に含まれるが、こちらからの送料はお客様負担となる

ご了承下さい

詳細はヒヨコブランドか私にお問い合わせ下さい

まだ、リリースは始まったばかり

これから本格的なリリースとなる

予約可能 通販可能

ワタナベにメールする

| | コメント (0)

発売告知 スタメン・はなげ番長限定カラー

ご注文数が入荷予定数に達しました

ありがとうございました

取り扱いの記念で、Web限定のクリスマス色を販売できる事になった

スタメン小川さんありがとうございます

数量限定

価格・・・ 聞いていなかった

Photo

ボーンカラー 白

Photo_2

クリスマスカラー トナカイ?鼻が赤いし

ウィードレス性能は高いと聞いている

鼻毛の部分が帰るの足をイメージさせる

ハイシーズンの活躍に期待したい

予約可能 通販可能

ワタナベにメールする

予定数に達し次第終了させていただきます

早い者順とさせていただきます

終了はブログ記事でアップさせていただきます

多くのご注文が予想されます

個別のご連絡は出来かねますのでご了承下さい

通販のお客様はフルネーム、住所、連絡先、郵便番号を明記、そして代引きか銀行振り込みかを選択してメールお願いします

| | コメント (0)

ヒヨコブランド 新グリップか?

ヒヨコブランドから ヒヨコニギリが発売される

カスタムしたくなるこのデザイン

形は一工夫されている

Img_3707

子アザラシの皮を樹脂の上に取り込んだモデル

シール(アザラシ)握りという

Img_3689

職人さんによる亀甲縛り

どんな職人じゃ?

Img_3705

アルミメッキ 近未来型

レーザー彫刻で刻印が合いります

Img_3706

アルミブラストアルマイト しっとりした肌触り

滑りにくい そして持ちやすい

どの様な販売形態になるのかは未だ未定

詳細が告知され次第、発表したい

全て価格は未定 発売時期はもうそろそろ

問い合わせはヒヨコ山科かワタナベまで

ワタナベにメールする

| | コメント (0)

ヒヨコブランド 新・機構

Hydro1

ヒヨコブランドが興味をそそる構造を考案した

話を聞けば聞くほど面白そうだ

開発の意図を私なりに解説してみたい

ハンドメイドのウッドルアーでは殆ど作られていない直立浮きペンシルベイト

何故だろうか

直立させると言う観点から色々と拘束される点が多いのだろうか?

3Dボディを作る事は可能だが、果たしてその効果は上がるのだろうか?

あらゆる意味で、既存のルアーの機能を超えられているかどうかが問題である

超えていたとしても、実際にお客様が購入してくれるかと言うところまで考慮すると二の足を踏んでしまうのが普通だろう

私たちトップウォーター釣り人には少なからずとも「ウッドルアーで釣りたい」と言う気持ちがある

納得のできるアクション、釣果が出せれば釣り人は使ってくれる

もしかしたら、その様なウッドルアーは存在していたかもしれない

しかし、その存在が我々に伝わっていなかったり、作っていなかったら意味が無い

故に、今現在ウッドで有効な垂直ペンシルは流通していないと言う事になる

私はトップウォーターレンジで釣れることに拘っているだけで、ルアーに特別なこだわりは無い

サミー、レッドペッパー、TDペンシルで十分に魚は釣れる事は分かっている

今現在も必ずと言っていいほど常備しているペンシルベイトである

これだけ発展し続けているウッドルアーの世界で、開発しきれていないカテゴリーの一つと感じていた

Hydro2

何か出てこないかな・・・と思っていた時に山科から「こんな構造はどうでしょうか?」と話を聞いた

聞けば聞くほど興味をそそるその構造は、仮に「ハイドロシステム」と呼ばれている

山科はこのように説明している

『自由なデザインを保持しつつ、浮力を制御する。ここが一番重要な点。中をくり抜き注水穴を設けた形状。今までボトルネックになっていたデザインの束縛から解放され、「立ち浮きルアー」の可能性が大きく広がる。デザイン次第ではレッドペッパーのようなダイブ・ダート、ザラのようなドッグウォーク、ソルトルアーのような飛距離を実現できる。浮力を頭部に集中させているので、シンカーによる誤差も最小限にとどめる事が可能。今後の発展は無限かな。やばいでしょ、これ。』

ハイドロシステムが本当にルアーデザインの自由度を高める事が出来るなら、今後のウッドルアーのデザインは進化するのではないだろうか

少し頭を柔らかくしてみて欲しい

ペンシルベイト以外には流用できないだろうか・・・

サイズ展開は出来ないだろうか・・・

他の魚種には効かないのだろうか・・・

今更ながら山科の才能を再確認した

私は仮名「ハイドロシステム」に期待している

近々にリリースされると聞いた

今からとても楽しみである

Img_3615

| | コメント (0)

最新釣果 ゲドダイ編

Cimg1663

ゲドダイ 良いサイズでしょ 

BPベイト・マニューバー 良いタイミングで必ず釣ってくる

さすがです

| | コメント (0)

2007.12.17

最新釣果

20071216_062624141

アサッチ スズキ 90位はあるでしょう

お見事

そして、ここにもスズキ釣りをベイトで展開する人がいた

実は結構受け入れられている?と感じた

これから広めようと思っていた私は、少し乗り遅れている?

今週末の大潮に何処かにウェーディングで釣りに行こうかと思っている

誰か行きますか

あんまり多くても釣りにならないので、適当な人数で

そうか、20日前後は武田も来ているはず

連絡とっておきます

| | コメント (0)

リンクを追加

リンクを追加する

カトウ・オプト・ワークスはタレックスレンズ取り扱いのめがねやさん

千葉方面の釣り人はかなりご利用いただいているような話を聞く

タレックスの偏光レンズの素晴らしさは分かっている

実際にチェックしてみたい千葉方面の方は是非カトウ・オプト・ワークス

ルアー以外のメーカーにカトウ・オプト・ワークスを追加

そして、ファンタジスタ釣り新聞

石川に住むファンタジスタ君

バスからソルトまで守備範囲が広い

北陸のバス情報は貴重そちら方面の方は要チェック

お客様・釣り人にファンタジスタ釣り新聞を追加

今週のメーカーはスタメン

鼻シリーズが印象的 羽モノも評価が高いようだ

実物を見たことが無いのでなんとも言えないが、とても期待している

東?西?微妙な感じ

ブランド・メーカー東にスタメンを追加

| | コメント (0)

追記完了

土曜日の釣りを振り返ってみた

チェックしてください

書く時間も結構掛かるので、今後は何か別の方法も考えなくてはと思っている

正直な所、皆さんは楽しめているのだろうか

良いならどの辺りが良いのか、悪いならどの辺りが悪いのか・・・

その辺りをお聞かせ願いたいと思います

コメントに入れると荒れてしまうかも知れないので、個別にメールでお願いします

それでも嫌がらせで入るコメントは消しちゃいます

ライブに関してワタナベにメールする

| | コメント (0)

最新釣果 

200712151223000

タケさん 伊豆・下田 スミイカ この他に多数釣れた様

丁度食べごろのサイズ

先日おすそ分けしていただいた

とても美味しかった

海もいい時期

タックルを持っている方はちょっと行ってみると釣れるかも

| | コメント (0)

最新釣果

071215_03

ナツキ君 千葉 40 おめでとう 

ガウラクラフト・ガウワイザー スカイフロッグ

これが土曜日の魚

私には微笑まなかった・・・

チャコールにDC左ですか

色々なスタイルが出来始めましたね 面白くなりそうだ

| | コメント (0)

2007.12.15

ライブ終了

ライブ終了
あの後は何も無し。厳しい。最後に近藤さん登場。イセキさん以外は完全試合。諦められないな。

(追記)

合流した時点でかなり暗かった

途中であるこことも考えたが、併走して何とかエントリーポイントまでたどり着いた

トム・塚本艇は何もなしだったようだ

夕食はガウラ青芳、ミクシィのラブラブガウラクラフトの管理人ナツキ君と合流した

今日釣れた人・・・カイチロウ、ガウラ青芳、なつき

今日釣れない人・・・トム、塚本君、私

冬になってから釣っている人・・・トム、塚本君

と言う事は・・・ 放っておいて!

心配されなくても釣りますので

と言う事で、この冬は通う事に決定

付き合ってくれる人を探さなきゃ

皆さん、寒い中、本当にお疲れ様でした

また行きましょう 今度はトムと乗ろうかな・・・

| | コメント (6)

ライブ5

ライブ5
寒くなった。やばい。

(追記)

さっきの魚から1時間くらいが経っただろうか

カイチロウはプレッシャーをかけつつも、かなりポイントを譲ってくれている

ありがとう

それでも出ないときは出ない

さっきのポイントをもう一度流した時点で17時くらいかなり暗くなってきた

あっ!

バッテリーのことを忘れていた

この寒さで車まで帰れないのは厳しい

おっさん化している私は、パドルは使いたくなかった

トムに電話をして、戻りながら釣ることにした

そんな時、気になる着信音でカイチロウ携帯にメール(何の曲だっけ?)

「イベリコ釣れた?」

トップボカン・マッキーからだった

既に諦めモードの私達に笑いが起こった

本当にいじめているのか、気を使っているのか・・・ 彼の場合本当に微妙

あの忘年会から勝手に「イベリコ」になっているし、釣れないからしょうがないが「釣れない君」になっているし

でも、気にしていただいている方が多いからいじってもらえると言う事で、前向きに行ってみようと思っている

あの辛口コメンテイターになんて書かれるか ああ、怖い

| | コメント (3)

ライブ4

ライブ4
早く釣ったら。ヒップフラップ。43。

(追記)

昼食のために、一時合流

トム・塚本艇は全く反応なし

14時の時点でみんな完全試合を意識していたはず

この時期の夕暮れは早い

ラスト2時間をどの様に釣るかが鍵になる

大きな移動は禁物

エリアを絞って、バスが少しでも浮いてくるタイミングを狙うしかない

二手に別れ、我々はカイチロウ実績が高いエリアを選択

前回の釣行では、悪水エリアだったのでほんの少ししかチェックしなかった

状況が同でアレ、釣りに行ったその日の状況から、パターンを絞り込めなければ、すぐに手詰まり状態になる

カイチロウの「釣れそう」と言う感覚を大事にしたい

冬の実績ポイントの代表格的なポイントで魚は反応した

水質良い、風裏、日向、冠水植物&レイダウンの複合系

ヒップフラップの使用頻度が高い

浮力を活かしたクイックなターンで誘っていたルアーに魚は食った

「出た!」

水温のせいか、魚の動きは鈍いようだ

難なくキャッチして満面の笑み

「しゃーーーー」

吼える気持ちも分かる

7時間近く釣り続けて、やっと反応した魚を釣り上げたのだ

握手の手が武者震いしていた 

私も感動した おめでとう!カイチロウ!

これで、立場が無くなった私

やばい、やばい、やばい、やばい、やばい、やばい・・・

釣れないなら釣れないで、釣り場や状況のせいに出来る

でも、目の前で釣られてしまった

冬とはいえ、釣れた結果に変わりない

どうしても比較されるだろう

カミングアウトしよう

元々、私は特別な釣り人ではない

ごくごく普通の釣り好きなだけ

普通レベルだから、技術以外の部分を何とかし、少しでも魚に近づけるようにしたいと思っているのだ

だから地道に釣りに行っている

いつも釣っている写真だけの釣り人は本当にいつも釣っているのだろうか

本当に釣っているかもしれない

でも、殆どの場合はそうではないだろう

私は釣れていない事を隠すつもりはない

その方が自分には合っている

ありのままの方がリアリティを感じる

釣れている写真だけで、「このルアーなら釣れる!」的な販促はもういらない

事実、世の中、そんなに釣れません

釣りたいのは山々だけど、それだけだと他の釣りと同じように競いあいになりぎすぎすする気がする

少ない釣果でどれだけ楽しめるか

大きなポイントだろう

道具、店、仲間、ネットなどなど

関連する楽しみはいくらでもあるだろう

どこら辺が自分に合っているのかじっくりと探し出して欲しい

言い訳に聞こえるかもしれないが、正直な所

と言う事で・・・

この時のカイチロウ・・・上手い人

この時の私・・・ヘタクソ

ああ、困った困った

しかし、パターンは何となく見えてきた

エリアは絞れた 移動は出来ない

アクションは柔らかく、クイック 音は無い方が良さそう フラットサイドがいいのかな?

私はBPシャッドにチェンジした

正に時合

短い時間を集中して釣る事にした

| | コメント (0)

ライブ3

ライブ3
イセキさん。カメラに夢中。

(追記)

釣り場全体をチェックした

あちらこちらと動き回っていると、あら、エレキがあんまり動いていないのでは?

バッテリーのパワー??? ちゃんと充電してきた

エレキ本体の不調??? そんな事無いでしょう

ペラはむなしくゆっくり回転している

こんな所で無段階の意味を発揮しても意味が無い

集合場所まで戻りたいのだが、どうしようもないので、またおしゃべりタイム

状況は・・・ 決して悪くは無いのだが、魚がいる感じがしない

何処で出てもおかしくない。だけど何処で出るか全く分からない。全体の様子が分かったから、後半はエリアを絞りましょう。というか・・・、あそこまで戻れますかね(不安)」とカイチロウ

気になるところだけチェック

それ以外は・・・ ごらんの通りカメラをいじっていた

| | コメント (0)

ライブ2

ライブ2
何もなし。イセキさんはカメラに夢中。

(追記)

基本的な条件は、一昨日と変化なし

ただ、悪水のエリアは流動的な様で、そんなに気にならない

談笑しながら釣り進むが・・・ まあ見事に反応無し

「こんなもんですよ。基本的に厳しいっすよ。」とカイチロウ

釣果写真だけ見ていると、何か釣れる気がしてしまう

しかし、彼らは厳しい条件の中、何か釣れる要素を探し出し、結果に結び付けようと努力してきた

誰に聞いたわけではない

同じ楽しみを共有できる友人達と少しずつ開拓してきた

自分達でパターンを見出し、スタイルを形成しつつある

今回は、そんな彼らの釣りに便乗させてもらった

印象は・・・ 「さすが」と言う感じ

初セッションだったので、距離感、スピードなど合っていたのだろうか

キャスト数は少し控えめな感じ

ルアーチェンジが兎に角多い

狙ったポイントに一発で打ち込んでいくスタイルは釣り慣れを感じた

トムと塚本君が同船した 彼らの状況は分からない

ある程度のエリアまで進んだ所でいったん休憩

カイチロウは、つい一週間前に購入した一眼のデジカメをいじっている

エバト氏との約束だそうだ

さすが理論派 既にカメラのことも良く知っている

パチリパチリとたくさん撮っていた

| | コメント (0)

ライブスタート

ライブスタート
イセキさん。今日は釣りたいな。

(追記)

おとといの結果にも懲りずに、今日も同じ釣り場にやってきた

おとといよりは大分暖かい

釣り人も・・・ 少ないようだ 冬の釣りとはこんな感じなのだろうか

今日の相棒は夷石嘉一郎 通称カイチロウ

近藤さんと一緒にチキバンを名乗っている

アンディ、ループスライダーの企画者といえば分かるだろうか

聞くところによるとかなりの理論派の様

釣りの暦もかなりとのこと

今日一日が楽しみになってきた

| | コメント (4)

2007.12.14

こんなに書いても終わらない

今日はたくさんアップしましたが・・・

実は、入荷ラッシュでまだ終わっていないのです

早めに連絡しないといけないことがあります

アカシブランドのハングリーバスが入荷しましたが、全然足りない状況です

複数のご注文をいただいているお客様に関しては1個でお願い致します

注文を頂いた順にご連絡します

今しばらくお待ち下さい

順番によってはお買い上げいただけないお客様もいらっしゃいます

超人気ブランドの商品と言う事でご了承下さい

今なら、色を選ばなければ手にする事は出来るでしょう

お取扱店さまを調べて、ご連絡された方がいいと思います

宜しくお願い致します

出来る限り連絡して、明日の準備に入ります

明日は、あの彼らとセッションです

どの酔うな釣りを展開するのか楽しみです

アンディーやループスライダーなど、関連した商品がリリースされている一般の釣り人?は稀です

今から楽しみです

同行するのは塚本君

イベントの時には自ら手伝ってくれました

最近調子がいいので、やられてしまいそう

頑張ります

可能な限り、ライブ中継します

強制ではありませんが、お時間があるときにでも覗いてみてください

辛口コメンテイナーにいじめられないような結果が出したいところです

宜しくお願い致します

ワタナベテツヤ

| | コメント (2)

発売告知 パイプライン・スウェル

新規取り扱いのパイプライン

早速リリースされるようだ

私のブログもこのルアーから始まることになる

Photo

名前はスウェル フロントスイッシャーである

Photo_2

65mm 16g±

パイプラインのルアーはウッドとバルサのミックスで浮力を調整する方法を採用している

ベリーフックとテールフックの間に5mm幅のバルサをはめ込んでいると聞いた

どのように埋め込まれているのかは企業秘密だろうから聞くのはやめておこう

テールの浮力が増す事で、少し前傾姿勢になる

ピンポイントでじっくり誘うためにデザインされてこのルアー

首振り時に少し、前につんのめる感じで手前に来にくい

フロントプロップは移動抵抗の意味が強いようだ

思っていたよりシンプルな色展開に驚き

「小さいキャンバスにはシンプルなカラーリングで!」と本人のコメント

確かにその通り

色は右奥からRH(レッドヘッド)、Gクラック(グリーンクラック)、GLT(ゴールド&ブラックテール)

左奥からP&G(パープル&ゴールドラメ)、BFR(ブラック&フロッグ)

早ければ、来週末にはリリースされる

税込み6195円 予約可能 通販可能

ワタナベにメールする

| | コメント (0)

津波ルアーズ ビンビ

昨日、使い倒して何とか結果に繋げたかったのがこのルアー

津波ルアーズの中では地味な方

使ってみれば分かるこのルアーのよさを伝える為には、釣るのが一番なのは分かっている

そうも行かないのがこの時期 まあしょうがない

今回は、全色ラインナップできた

Ca380002

手前からWH-R、WP、BDR、PF

Ca380001001

手前からTSB、WV、KNG、FRG-C

スライドはしない

テールを中心にクイックな首振りが得意

頭からお腹にかけて、フラットになっている

頭が少し細くなっている

この二つの要素でかなりすりぬけが良い

動画を見ていただければ分かり安いのだが・・・

思った方法でPCにデータが移らなかった 困ったぞ

税込み7350円

Ca380003001

スーパースワンキーも同時入荷 5色

8本撚りで50lb

トップウォーターPEの基準になっているラインと言える

税込み3465円

全て通販可能

ワタナベにメールする

| | コメント (0)

遅くなりましたが・・・

平田氏申し訳ない

遅ればせながらイベント告知

私と小林さんのチャレンジ企画でスタートした「コ式でゴー」

今回でもう5回目らしい

三面護岸の都市型河川で楽しめる貴重な釣り

今は町田サンスイの平田氏が仕切っている

お時間のある方は是非ご参加いただきたい

私は・・・ 家庭の用事で参加できるかどうか微妙・・・

詳細はこちらの申込ページからどうぞ

| | コメント (0)

最新釣果 ワタルクラフト編

Imgp1583

ワタルクラフト 千葉 50ジャスト ヒックリジョー

やるね 今日の50UP

昨日の俺たちは何だったのだろうか・・・ むなしくなってきた

| | コメント (0)

最新釣果 

Cimg0453_2

北井 スズキ60UP EG・エスドライブ・ビックバイトチャート

ベイトタックルでのトライ ちょっと面白いと思う

| | コメント (0)

最新釣果

028

タイセー 53 レコード・テンコー

この時期の50UPは賞賛にあたる

本当にすごいね 

| | コメント (0)

発売告知 道楽・ザラデッセ

道楽定番のペンシルベイト

12月のリリースとなる

Yhw

YHF エンボスボディ イエローヘルメット・ホワイトネック 税込み9450円

Nrh

NRH ニッケルシルバーボディ・レッドヘッド 税込み9450円

Akaatama

赤頭唐研 赤頭・緑、金、白の研ぎ出し 税込み10500円

年内最後のリリース予定

予約可能 通販可能

ワタナベにメールする

| | コメント (0)

発売告知 道楽・チャンポングリップ各種

定番の新チャンポンに握りのバリエーションが加わった

何故に定番なのかは以前の記事を参照していただきたい

今回はEVAを使って、独自の表現を目差している

Evagun

チャンポングリップ EVAガン ブラック 税込み28350円

Eva_brn

チャンポングリップ EVAシングル ブラウン 税込み19950円

Eva_red

チャンポングリップ EVAシングル レッド 税込み19950円

Eva_yel

チャンポングリップ EVAシングル イエロー 税込み19950円

全て予約可能 通販可能

ワタナベにメールする

| | コメント (0)

発売告知 ヒヨコブランド・プラダンガン

ブランクを少し発見したようだ

少量生産らしい

Pladangan

既に納品数以上のお問い合わせをいただいている

お探しの方はヒヨコブランドのお取扱店さまにお問い合わせいただきたい

BCD税込み3045円 HRH税込み3570円

このブログでの予約はいっぱいになりました ありがとうございました

ワタナベにメールする

| | コメント (0)

まとめて追記

魚が釣れないと追記を書く気にもならないのだが、最低限の責任として書いてみよう

釣れている話だけでは真実味が無いと私は思う

私の釣行に限らず、写真が多い時は、本当にそんなに釣れているのと感じる事があるだろう

釣れている時は確かに釣れている

しかし、自然相手の遊び はずす事だってある

釣れない時だってある

それを書くかどうか本人の自由

だめな時があるからこそ、釣れた時の感動は大きいし、そのプロセスを楽しめると思う

私はそう思う

決して押し付けではないので、捉え方は人それぞれということでお願いします

釣行日の予報は雨のち曇り

前日まではかなり穏やかで暖かい陽気

その様態から、低気圧がらみで雨となれば、期待度は高い

人間が耐えれれば、魚は釣れると言われるこの時期の雨

結果はいかに?と言うところ

現地着は7時くらい

殆ど雨は降っていない

人っ気も無く、ラッキーと感じた

完全防備体制で出船

時折、雨脚が強くはなったが耐えれないほどではない

水色も綺麗

最初の難関は落ち葉

この時期は仕方ないのだが、兎に角引っかかる

キャストごとに引っかかる落ち葉は曲者

もう少しすれば沈むようだが、例年の状態から考えても、今年は季節の進みが遅い

落ち葉に苦戦しながら船を進めると、10時頃に雨が止んだ

天候の変わり目には必ずと言っていいほど風が吹く

風裏を探さないと釣りにならない状況になる

やっと探した風裏で釣りを再開すると、知ったお客様に遭遇

お互い全く反応なしの状況に不安感が走る

彼は地元

この釣り場を良く知っている やばい・・・

その後、違う釣り人に遭遇

ゴミ?落ち葉? よく分からないが、ウィードレスフロッグにバイトがあったとのこと

掛かりが浅くフックアウトしたようだ

途中、あまりの寒さに暖かい食事を取ったり、二見と談笑したりで、釣り場をチェックして行く

エリアによって水質がかなり違う事に気付く

濁り具合、泡の残り方、湖流、風向きでターンオーバーの悪水の行き先は大体想像できる

この時期の魚の定位場所は、比較的緩やかな傾斜のエリア、冠水ブッシュ周辺、風裏、日当たりと言った所

いくら条件が揃っていても、悪水であれば意味が無い

昼過ぎには、釣り場の全体像が見えた

そこで、先ほどのお客様に又も遭遇

その後も全く反応なし

ケム使いとしても知られている氏なので、様々なアプローチを試している事だろう

この時点で完全試合を覚悟する

途中、何件か仕事の大事な用件で電話頂き、中断しながらエントリー場所へと向かう

14時位からだろうか

急激に冷え込みを感じた

張り詰めた空気に静寂を感じる

人っ気が無い 水面からも生命感を感じない

エントリー場所に戻るにつれて、水質は復活

明らかに綺麗な水だった

船の通った後にも泡は残らない

最後の1時間勝負と感じた

久々に使ったティートルアーが妙にはまった

ロックキッドの小ペラ

少し前から、ローアピールの有効性を伝えられればと思っている私には、ロックキッドのボディと小ペラのバランスがたまらない

動きを妨げない状態で、弱くペラ効果を演出できるのはとてもありがたい

ハイプレッシャー、偏食になればなるほど、効果的と体感している

いずれ発表できるだろう

使い続けていたロックキッドをメインに、ビンビ、Rショック改、スピッツ、ウッドビックヤーン、フリテンX、NF60をローテーション

あまりの無反応に、携帯で動画などを撮ってみた

載せ方が分かれば、掲載したいと思う

特にビンビのアクション、障害物回避能力は目を見張るものがある

後半、二見はウィードレス性重視の選択として、ワイルド若林印のシューティングベイトを使い続けた

体に入ってくると、キャストは決まるようになる

絶妙なポイントに入っていく

ポーズもアクションも試しきった

諦めがついた

私は、色々な方と釣りに行くようになって、オーバーヘッドキャストの有効性に気付いていた

今さらな部分もあるので、人には言わなかったが、自分ではかなり意識して練習した

船の釣りの場合、進行方向、座位置、キャスト方向で様々なキャスト方法が要求される

ルアーが魚まで届かなかったら釣れる訳が無い

色々な条件をあらゆる意味でクリアーしやすいのがオーバーヘッドである事は分かっている

今までも使ってはいたが、更なる進化が必要と感じていた

距離制度、弾道の高低、着水の仕方などまだまだ精度を上げたいと思っている

そこに今まで実践で積み重ねて来たサイド、バックキャストが混じれば、アプローチで困る事は無くなるだろう

二見も途中から真剣にオーバーヘッドを多用していた

久々に同行したが、何か感じ取ってくれて様で私も嬉しい

私は押し付けはしない

見てもらい、納得のいく範囲で感じ取ってもらえればと思っている

人間が魚に近づくために最も重要とされているキャストは、上手である事に越した事が無い

まあ、そんな話をしながらの釣りとなった

寒さに耐えられなくなり、17時過ぎには撤収

最後にはヒサシ君、夷石氏などと状況確認し、明後日の釣りに絞り込む事にした

冬の厳しさを体感できた釣りとなった

ラッキーで釣れることは無い だから逆に面白い 燃えてきた

追記は以上です 簡単のつもりがこの長さ・・・ 失礼しました

ワタナベテツヤ

| | コメント (5)

2007.12.13

ライブ終了

ライブ終了
完全試合です。残念。言い訳しません。ヒサシくんの書き込みが怖い…。

| | コメント (2)

ライブ4

ライブ4
今日のHR。借りたロックキッドが気に入ってしまった。私にあっている。ビンビも使い良い。Rショック改はすり抜け抜群。フリテンXは想像以上のアピール度。スピッツは結果を出したいので良く使う。最近のかえるはNF60。想像どうりのウィードレス性能。こんなに書ける程反応なし。参った。あと1時間頑張りますっ!

| | コメント (0)

ライブ3

ライブ3
何にも起きません。

| | コメント (0)

ライブ2

ライブ2
景色は最高なんですけどね…。何もないです

| | コメント (0)

ライブスタート

ライブスタート
今日は千葉です。相棒は二見。

| | コメント (1)

2007.12.11

リンクを追加

今日は時間が無いので簡単に

フロッグアライケンタ氏のブログがちゃんと稼動している事が判明

業界人・今日の一言・東にアライケンタブログを追加

道楽のHPが変更?移動?していた事に気付かなかった

道楽HPのURLを変更しておく

ビスルアーのブログもお引越ししていた

ビスの日記もURLを変更しておく

新規取り扱いも報告しておきたい

トップウォータースタイルのVOL2で紹介されていた佐藤君

パイプラインというブランドを展開している

ウッドとバルサを組み合わせたハイブリッド素材でルアーをデザインしている

ルアーサイエンスの時もそうだったが、私は浮力とシェイプに拘っている

新しい風のような気がしてならない

ブランド・メーカー東にパイプラインを追加

続いてクラッシュ

トップ堂のTBC参戦記事が印象的

ビルダーは増田さん

実は、かなーり昔から増田さんのルアーは知っていた

先日のぼうねんかいでお会いしてお取り扱いが決定した

ブランド・メーカー東にクラッシュを追加

そして、HPやブログは存在していないが取り扱いが決定しているブランドがある

プライムタイムファクトリー 主宰は高井さん 

ケプティーの時にお世話になった ありがとうございました

高井さんのルアーは昔から知っているが、実物を見る機会が少なかった

最近の展開を見ていると、出来栄え+現実的な価格帯と言う事で注目度は高いと思われる

今後のリリースから取り扱い決定と話が進んだ 

一安心である

そして、復活するのかどうかは分からないがハートハンドベイトの平子さんにも会えた

忙しいのか?気分なのか?は分からないが、そんなに遠くないうちに復活しそうな雰囲気をかもし出していた

機能、サイズ共に関東周辺の釣り場を意識したものという感じが良い

何か話が進んだらお知らせしていこう

今日のリンク追加この位で終了

| | コメント (0)

2007.12.10

最新釣果

Kurusu200712

クルス君 場所不明 40クラス

ガウラクラフト・ガウワイザーのスカイフロッグ

今年は諦めています・・・と言っていたが結果が出ている

| | コメント (0)

最新釣果 福岡より

20071209_001

シンタロウ ヒヨコブランド・マンドリラー

何で新聞?

002

タイセー ヒヨコブランド×ガウラクラフト・ケムドリラー

卒論頑張って

また同じ新聞持っている

日付も一緒・・・ 何?

| | コメント (4)

最新釣果

1208

チキバン・TOM 場所は聞いていない 30台

一段と冷え込むこの時期に、この結果は偉い

ライフベイト・ヒップフラップ やはり冬場は強いのか? 実績が高い

今週末は遂に二人と初セッション予定

場所はお任せしている

結果を出したい所である

| | コメント (4)

2007.12.09

発売告知 五十鈴工業BC721SSS

先日紹介したBC720SSSに左巻きがリリースされる

品番はBC721SSS

パーミングしやすい低重心ローライド設計

シンクロ構造では最強との噂もあるSSS(SPEED・SLIDER・SPECIAL)

色はナイトブラック、ブランカ、モスグリーン、ジャーマングレイ、ピンクアラモードの5色

写真が公表され次第アップしたい

左巻きは右巻きと比べると、少ない生産数のことが多い

煽る訳ではないが、要望されている方は早めにご連絡いただきたい

予約可能 通販可能

ワタナベにメールする

| | コメント (0)

最新釣果

071209_08410002

北井君 スズキ60台 

ウェーディングスタイルで釣っている

しかも、ベイトタックル

私にやりたいスタイルで結果が出ている 早速行ってみよう

| | コメント (0)

2007.12.08

発売告知 コード12月分

お付き合いが始まることになったコード

主宰は小野山さん

トップ堂でも長らく連載されている方で、ご存知の方も多いだろう

トップウォーターのバス釣りは勿論、様々な釣りを展開されている

もしかしたら、私とかなり似た感じの釣り人なのかもしれない

私は勝手にそう思っている

12月発売分はシャオロンペンシル

200712

ウッドでこのサイズ!良いと思う

ケムシリーズには無いペンシルなので同じタックルで挑戦して欲しい

確かコードでもウルトラライトタックルをリリースしているはず

ルアー釣り人は潜在的にこの手のライトゲームが好きなのではないだろうか

税込み1785円

そして、気になるのが「ゲームス」というDVD

ヒラスズキがターゲットとのこと

面白そうである

税込み1050円も魅力的

共に予約可能 通販可能

ワタナベにメールする

小野山さんはザウルスキングと言うお店を運営されている

オリジナルブランドがコードと言う事になる

ブランド・メーカー西にコードを追加しておこう

| | コメント (0)

2007.12.07

発売告知 バスポンド・マニューバー

今年最後のBP米とリリースはマニューバー

随分と渋い所と思われがちだが、実績は十分

マニューバーの映像は総集編DVDに入っているので是非チェックして欲しい

20071205manyukai

色はBP定番系にアレンジしてあるものが目立つ

税込み3360円

予約可能 通販可能

ワタナベにメールする

| | コメント (0)

リンクを追加

今回の旅でお会いする事が出来なかった松原さん

チャイルドハートというブランドでルアーを作られている

実物を見せてもらった 良いと思った

準備が出来次第取り扱いスタートしたい

ブランド・メーカー西にチャイルドハートを追加

| | コメント (0)

ロベルソン リールカバー

このリールカバーは本当に良く売れた

使っている方からの評判は上々

シーズンオフにもかかわらず、全5色のリリースは本気の証しといえるだろう

Reelcover2008web

税込み1890円 予約可能

ワタナベにメールする

| | コメント (0)

2007.12.06

リンクを追加

最近、リンク追加があったので紹介しておきたい

言わずと知れたティート 主宰は山本ノリチカ氏

先月の旅でお会いした

取り扱いも決まり、次回からスタートする

氏の作りこみは尋常ではない

今ではすっかり定番になりつつあるラグモシリーズだが、その形状にたるまでの経緯を見せてもらった

アレだけ作ってやっと完成するか・・・ と感心した

ブランド・メーカー西にティートを追加

広島発のショップ兼タックルブランド・ストック

オーナーの濱村さんの個性溢れるルアーやタックルが充実している

2007年にはワリンというリールまでリリースしている 勢いを感じる

ブランド・メーカー西にストックを追加

先日のガウラ忘年会でお会いしたヘビーカバーズ・トップ部の方々

ヘビーカバーズはオールラウンドな釣り仲間で、たまに例会をやっている

その中のトップウォーター好きが集まりトップ部を構成しているようだ

その一員がガウラクラフトの青芳さん

そりゃ、トップ部も出来るわ・・・ 

釣り人にヘビーカバーズ・トップ部を追加

最後はスポーツ&フィッシングニュースの萱間元編集長が取り仕切っているシーバスのコミュニティーが湾岸シーバスソサイエティー

先日、萱間さんとお会いした時にとても熱く語っていただいた

私もシーバス釣りはとっても好きなので、可能な限り参加したいと思っている

最新情報が載っているのがこのHP

釣り人に湾岸シーバスソサイエティーを追加

HPを探している時に萱間さんのブログを発見した

相変わらずで萱間さんらしい

業界人・今日の一言・西にチェアマン萱間を追加

この他にも相互リンクは随時受付中

私に連絡ください

ワタナベにメールする

| | コメント (0)

2007.12.05

最新釣果 ガウラ忘年会編

先週末に私も参加したガウラ忘年会

厳しい状況ではあったがしっかりキャッチしていた

写真が届いたので掲載したい

Shige

シゲ ガウラクラフト・コタマンゲール

Gaullaoffmeeting

寝る男さん ガウラクラフト・ケムピンポン

Aoyoshi

ガウラ青芳 ガウラクラフト・ヒシモール

関東最強男は良く釣ります

| | コメント (0)

最新釣果

こちらも遅れました

すいません

Cimg0961

ゲドダイ バスポンド・ローリングクラッカー

| | コメント (0)

最新釣果

ばたばたで掲載できていなかった

申し訳ない

遅ればせながら掲載したい

Hisashi

ヒサシ レコード・プランチャー

20071125_007

シンタロウ アカシブランド・ゴボチャップ

20071125_002

シンタロウ アカシブランド・チュッパチャップ

| | コメント (0)

2007.12.03

ナチュラルディストーション N・D EYE

ナチュラルディストーションは釣り具のブランドではない

服飾関連のアクセサリーラインとして発足している

釣り具ブランドらしくない商品展開がとても良い

今後の商品展開に注目して欲しい

今回入荷したのは「ナチュラルディストーション・アイ

2007に発表されたセルフレームグラス

ワンフレームでフレームカラーとレンズカラーで4種類ラインナップされている

Nd_2

ブラックフレーム×ブラウン 全天候型 CR39レンズ 6カーブ

ブラウンフレーム×グリーン 低光量時 CR39レンズ 6カーブ

共に税込み13650円

Nd_1

シーバスなどのナイトフィッシングやバイクの運転時に最適なクリアーレンズ

ブラックフレーム×UVクリアーレンズ

ブラウンフレーム×UVクリアーレンズ

目周辺の事故はしゃれで済まない場合が多い

事前の防護は必要と感じている

税込み8400円

全て通販可能 

ワタナベにメールする

今回はナチュラルディストーションの写真を使わせていただいた

いくら自分で撮っても綺麗に行かなかった

まだまだ写真修行が足りないようだ

詳細はナチュラルディストーションHPのモア・インフォでチェック

| | コメント (0)

最新釣果 本日の釣果 

Image0451

塚本君 千葉・ダム湖 49cm

チェスト114・ジェリーミノー

この寒い雨風の中の釣果 あんたは偉い!

| | コメント (0)

ヒヨコブランド 12月リリース分

ヒヨコブランドの12月リリースはあの人気ルアーの再登場

Kemu712_2

今春にリリースされたケムドリラー

釣れ線のドリラータイフーンにガウラクラフトがラバーレッグを植毛している

引いて良し、止めて良しの傑作

HRE(ホロレッドヘッド)、HBL(ホロブルーヘッド)は税込み7140円

YYD(イエローヤドクガエル)、GYD(グリーンヤドクガエル)は税込み6615円

Turu711

ヒヨコとしては珍しいお正月カラー

ベースはドリラータイフーン・ライブウェイト

通常のタイフーンより少しウェイトがアップされている

水に少しで絡むようにとセッティングされている

TUR(鶴)、KAM(亀)は税込み6615円

KOI(鯉)のみ税込み7140円

予約可能 通販可能

ワタナベにメールする

| | コメント (0)

五十鈴工業 BC720SSS その2

細かいスペックに関してチェックしてみたい

BC720SSS スペック

ギア比 5.1:1 今のギア素材においては最も安定している一般的なギア比

ライト・チューンド・ステンレス・ベアリング 5個 入れる位置と個数が効果的

自重 282g 中に入っているパーツが少ないアブの#5000より軽量 大きなメリット

ラインキャパシティー 16lbs-110m、20lbs-95m 必要十分なもの

今までの経緯を呼んでいくと五十鈴しかないと思われがちだが、実はそんな事はない

良い意味でアブはセッティング幅がルーズである

言い換えれば、きっちりブレークセッティングをしなくても、ある程度は使える状況にある

それは、とても素晴らしい機能であると思う

五十鈴リールはそこまでルーズセッティングだと少し使いづらいと思う

遠心力ブレーキ、メカニカルブレーキなど自分の位置が分かるまで少し慣れが必要となる

内部のギアも少し使う事で当たりが出るようだ

少し使ってから、全ての分解・組み立てをする事で随分と使いやすくなる

その当たりの事情を考慮して使っていただければと思う

Img_0886jpgkopi

ド定番のオールシルバー・ブランカ 税込み44100円

Img_0888jpgkopi

私のリクエストした色・ブラウンアンティーク 税込み45150円

Img_0895jpgkopi

ブラッディーレッド 綺麗な赤に発色している 税込み44100円

Img_0906jpgkopi

コチラもド定番・ブラックアンティーク 税込み45150円

今回から梱包の箱が変わった

Img_0910jpgkopi

アルミの缶になった

この当たりにも五十鈴工業のこだわりが感じられる

全て通販可能

ワタナベにメールする

| | コメント (2)

五十鈴工業 BC720SSS その1

先日はBC600SSSを紹介した

今日は基本の幅である#700の進化系BC720SSSを解説したい

五十鈴リールの基本サイズは#700である

その昔、海外のOEMを請け負ったいた頃の名残が#700である

五十鈴工業の中型ベイトキャスティングリールの基本形となった#700は、様々なリールの基本ベースとして利用されてきた

数を作り、少しずつ手直しすべき所を発見してきた

スプールの回転、ブレーキの掛かり方、パーミングのしやすさなど、改良が重ねられてきた

今春リリースされたBC700SSSに始まり、トラディストのSSS、先日のBC600SSS、その間に少量ずつ投入されている左巻きなどで、その研究成果を製品にフィードバックできたと言える

使いやすさ、デザイン共に多くのお客様に受け入れられ、2007年、五十鈴工業のリールは市民権を得た

700SSSと720SSSの違いはなんであろうか

一番の違いはリールフットの取り付け位置

ほんの少しの差だが、実際にグリップに付け、パーミングしてみると効果を感じる

明らかに持ちやすい

特にフェンウィック、フィリプソン、富士グリップなどオフセットの浅いリールシートには最適である

これから発売になるロベルソンのレジオングリップとの相性は抜群であった

パーミングしやすいと言う事は、今までより弱い握力で同じ距離を飛ばせるし、ロングキャストにも効果的といえる

とても現場向きなメリットと言える

二つ目はスプールの違い

私は細めのラインを使いことが多いので、700SSSのハイアーバースプールが好み

しかし、太いラインを巻きたかったお客様にはキャパ不足を指摘されていた

720にはノーマルスプールが標準装備されている

釣り場の特性、ラインの好みでスプールを交換して欲しい

今はオプションで#700クラスに対応する替スプールがリリースされている

700SSSのハイアーバースプールを要望される場合は、通常の製品では設定が無いので、お問い合わせいただきたい

Img_0892jpgkopi

新色のミリタリーシリーズ・ダークネイビー

深い色合い

Img_0893jpgkopi

接写してみた

深いネイビーがとても綺麗である

Img_0900jpgkopi

コチラもミリタリーシリーズのジャーマングレイ

ドイツ軍の採用していた色のようだ

Img_0903jpgkopi

接写してみた

金属的な色合いがとても男心をくすぐる

ミリタリーシリーズのみハンドルノブにウッドノブを採用している

ミリタリーシリーズは共に税込み45150円 通販可能

ワタナベにメールする

| | コメント (0)

2007.12.02

ライブ終了

ライブ終了
午後から用事があるのでこれで終了。たかさんと初めてご一緒した。横浜繋がりで、これからお世話になりそうな予感。午後からも頑張って下さい。お疲れ様でした。

| | コメント (2)

ライブ2

ライブ2
紅葉が綺麗。魚は…。反応なし。

| | コメント (0)

ライブスタート

ライブスタート
たかさんと同船。早起きしてみました。霧が幻想的。

| | コメント (0)

2007.12.01

ガウラクラフト

ガウラクラフト
青芳さんと矢木さん。千葉発釣れるルアーを作り続けいる二人。コレからの展開に注目してほしい。ありがとうございました。

| | コメント (0)

潰れてしまった

潰れてしまった
爆睡中。盛り上げてくれました。ありがとう。

| | コメント (0)

酔っ払い

酔っ払い
完全に出来上がってしまった。

| | コメント (0)

チキバン登場

チキバン登場
ガウラ酒をガンガン飲んでます。

| | コメント (0)

ガウラ忘年会

ガウラ忘年会
参加しています。ビンゴで当たっちゃいました。

| | コメント (2)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »