2007.06.28

カヤック店頭在庫

先日、即完売になったBPカヤックの再入荷分が届いた

詳細はコチラコチラから確認頂きたい

価格は税込み89250円

お勧めのカスケード4pcパドルも入荷した

コチラは、税込み10290円

予約を頂いていたが、購入時期がずれてしまった為、店頭在庫にする事にしたディライゴの2007ダークグリーンが1艇だけある

コチラは実用性とデザインから人気艇となっている

近いうちに輸入元に入荷するとの事だが、少しでも早く欲しいという方はどうぞ

価格は、税込み165900円

そして、写真には無いが、ウィルダネスシステムのパムリコ100のグリーンも在庫がある

価格は税込み75600円

釣具店にこのカヤックの通常在庫は考えられない

良い具合にスペースがあるので、ちょうど展示しやすかった

なかなか現物を確認して、買える環境に無いことが多いカヤックの販売

ハイシーズンを迎えるにあたって、カッヤクをスタートするのも、ひとつの刺激になるのではないだろうか

詳細のお問い合わせはコチラまで

町田サンスイにメールする

| | コメント (0)

2007.06.22

バスポンド BPカヤック詳細 その1

先日入荷したバスポンドのBPカヤック

スペース上の問題で完成形の状態で展示販売出来る小売店様が殆どないとのこと

当店は広いウッドデッキがあるので、展示販売する事を約束していた

かなり早い段階で、カヤックにめを付け、ここまで広めてきたのはバスポンドの松井さん

私は良いタイミングで試す機会を得て、楽しさを教えてもらった

住宅環境を考慮して、インフレータブルカヤックで新規開拓が出来れば・・・ということで開発がスタートしたおのカヤック

実際にどの様な物で、どの様に使うのか分からない方が殆どであろう

単なる商品紹介ではなく、実際に組み上げていく過程を説明しながら、フロート並に簡単である事を知っていただきたい

初めてフロートに乗ったときのあの感動を覚えているだろうか・・・

カヤックにはアレに近い感動があると思う

フロートとボートの中間的存在であるカヤック

この機能を生かすも殺すも使い手次第となる

まずは、どの様な物なのか見ていただこう

収納している状態

フロートが収納されている時と大して変わりない

BPカヤックはかなり大きめの収納バックに変更してある

出し入れがかなり楽になった

バックから出した状態

しわを見ると、かなり小さくたためる事が分かる

後側デッキのメインチャンバーから空気を入れたところ

この状態まで、実に2分30秒

お手軽である事が分かっていただけるだろう

(訂正)

メインの浮力体は2分割されている

後側のメインチャンバーから半分くらい空気を入れる

内部左側後側にもう一つメインチャンバーがある

そこから半分空気を入れる

この様にすると2気室になり、いざという時に安全性が高い

面倒くさがらないで、分けて空気を入れて欲しい

前側のデッキリフトチャンバーに空気を入れる

左右にある

2,3回空気を入れれば、満タンになる

フロアーチャンバーに空気を入れる

自分が座るところなので、きっちり入れたい

ゆるいとふにゃふにゃでしっくりとこない

その2へ続く

| | コメント (0)

バスポンド BPカヤック詳細 その2

続き

コーミングチャンバーに空気を入れる

ここも小さく、1、2回で満タンになる

最後に背もたれシートクッションを装着

ベルクロで調節できるので、自分のベストの位置を見つけて欲しい

完成形に乗ってみた

私の体の多きさでも十分なボリュームでる

ミッチャンにも乗ってもらった

とても良い感じ

実際に持ってもらったところ、女性の力でも十分持てる

いかがだろうか

実物を見てみたい方は是非ご来店下さい

税込89250円 通販可能

町田サンスイにメールする

(補足)

予定していた付属のロッドホルダーは製造側の付け忘れで今回は無しとのこと

次回への課題となった

| | コメント (0)

2007.06.13

トップジョン・ロベルソン別注入荷 その1

試乗会で気に入ったトップジョンを宇田さんがロベルソン仕様で特注した

様々な特注に応えられることを知って欲しく町田サンスイルートで発注

本日、入荷した

全体的にはこんな感じ

ベージュベースでブラウンのコンビネーションを入れている

サイドにもブラウンでストライプを入れてある

抜きのロベルソンロゴが格好良い

| | コメント (0)

トップジョン・ロベルソン別注入荷 その2

デザイン以外の特徴を紹介したい

フロントにハンドコンを付けたいので、専用のマウントを取り付けた

流水域では、エレキを前後2機掛けしたい

それに対応する為にマウントが必要なのだ

フロントの可動板にハイバックシートを取り付けられるマウントを装着

リアシートにもハイバックシートを付けられるようにマウントを装着

全体的にとてもまとまっている

実際の使用感はロベルソンブログで紹介されるだろう

価格は本体価格に塗装、マウント各種代金をプラスしたものになる

さてさて幾らになるのか?

正確な価格が分かれば、またお伝えしよう

このボートを見て、カスタムしたいという方が実際にいる

そんな、サンプルになればいいと思っている

宇田さんが取りに来るのは日曜日

それまで店頭に飾っておく

是非チェックして欲しい

町田サンスイにメールする

| | コメント (0)

2007.06.07

ロベルソン艇が完成間近

春展で気に入ってくれたロベルソンがプラスゲインでトップジョンをベースにオリジナルを作った

完成間近 写真が送られてきたのでお披露目したい

ブラウンを基調とした渋いカラーリング ロベルソンらしい

サイドには「ロベルソン」のロゴ

エレキ2機がけを希望していたので、フロントにもエレキマウントを装着

(エヴィス丸には付けられません。価格も未定です)

後ろからのカット 格好良いね

わがままだらけのこのボート

果たして幾らになる事やら

太っ腹ロベルソンならではである

納品は町田サンスイにされるので、少しの間、店頭で展示しておく

気になる方はチェックしに来てください

詳細はロベルソンブログにて

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.05.15

ライブ追記

ライブ追記
今回はプラスゲインのバッテリーを使った。約14時間使ってまだグリーン。持続性があるとは聞いていたが、おどろきの性能である。

<追記>

無断階出る事を差し引いても、良く持つバッテリーだ

最高速移動が少ないリザーバーであることを考慮したとしても驚異的持続性といえる

わざわざ作るだけの事はある

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.04.26

ウィルダネスシステム パムリコ100

スタンダードな価格帯の中で、最も安定感があり、釣りに使いやすいと言い切れるだろう

先日の試乗会でも、圧倒的人気となったこのパムリコ100というカヤック

GWに間に合うように店頭在庫分の準備が出来た

色はグリーン 最も定番と言って良いだろう

税込75600円(その他に送料の6500円が掛かります)

合計税込82100円

町田サンスイにメールする

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.03.08

エレキに関して

お客様の塩谷さんのレポートがモーターガイドのHPに載っていた

エレキに関する基本知識としてとても分かりやすいと思うのでここで紹介したい

http://www.motorguide.jp/information070306.html

トップではハンドコンがメインとなる

名機FW54HTVの試乗が出来る町田サンスイ主催の春展2007の詳細はこちら

http://bluetooth5.com/2007/

徐々に参加者が増えている 駐車場のスペースに限りがあるので決めた方はお早めに申し込んでいただきたい

| | コメント (0)

2007.03.04

プラスゲイン トップジョン その1

昨年、トップ堂の中で開発記事連載が続いていた話題のトップジョン

トップウォーター専用設計を主眼とした開発に、多くの方が注目していた

最大の特徴は免許不要である事

ルールを侵していては、気分よく釣りが出来ない

釣りをして良い場所で、ルールの範囲の中で楽しんでこそ本来の楽しみを感じ取れるのではないだろうか

私も今までは、フロート、カヤックで釣る事のみを最優先に考えて釣りをしてきた

その気持ちは今でも変わらないが、ここ2、3年少し寂しい気がしていた

本当に気の合う方と話しながらの釣りはとても心地よい事に気づいた

道具も沢山持っていける

食料も飲料も沢山持っていける

そんな遊び方もいいと思えるようになった

少しオヤジになったのだ

エレキやエンジンを使って楽に釣りをしたいと思ってもいい年なのだ

釣果優先ならカヤック、会話を楽しみながらならトップジョン

適材適所で選んで釣りに行きたいと思っている

東京都内でトップジョンを在庫している店舗様はないだろう

実物がある

是非質感を感じて欲しい

見てみなければ分からないでしょ

税込139800円+別途送料10000円で実売価格149800円

通販可能 詳細お問い合わせはこちら

machida-sansui@fork.ocn.ne.jp

| | コメント (0)